【人気24種】パッカハーブティー(PUKKA)アドベントカレンダー①

2021-12-31イギリス

 

12月になると様々な商品・百貨店のアドベントカレンダーが販売されます。どれもデザインが可愛く、「今年はどれにしようか?」と迷ってしまいます。

我々夫婦は今年は、英国ハーブティーブランド「パッカハーブス(PUKKA)」のアドベントカレンダーにしました!

内容をご紹介します。

 

アドベントカレンダー (Advent calendar) は、クリスマスまでの期間に日数を数えるためのカレンダーです。

待降節の期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーで、中には写真やイラスト、詩や物語の一編、チョコレートなどのお菓子、小さな贈り物等が入っていることが多いです。

 

私達が選んだアドベントカレンダーはこちら

「Pukka Herbs 2021 Tea Advent Calendar, The Perfect Non-Chocolate Christmas Countdown for Tea Lovers, 24 Sachets of Organic Herbal Tea」

可愛いパッケージはリサイクル可能な紙でできているようです。さすが、オーガニック・エコに力を入れている会社なだけありますね。

 

24種類のオーガニックブレンドのハーブティーが入っています。

24種も楽しめて、お気に入りの味を見つけることができそうで楽しみです!パッカのハーブティーは夫婦ともに気に入っており、買い物に行くたびに新しいフレーバーをどれにしようか迷っていました。

これだけの種類がありますから…(;’∀’)

 

パッカ(PUKKA)のハーブティーについてはこちらの記事に↓↓

パッカ(PUKKA)ハーブティー【オーガニック・英国ブランド】

 

開封してみるとこんな感じです。

ちゃんと壁にかけることができて、カレンダーのように毎日見て楽しむことができます(*^^*)

 

毎日1つずつ味わっていきます。

 

1日目:Feel New フェールニュー

健康と美容のため、アニス、ウイキョウ、リコリスをアーユルヴェーダの伝統的方法で調合。

リコリス由来の甘みと、アニスとフェンネルの爽やかな香りのフレーバーです。

 

ティーバックをカレンダーから取り出すと、裏にはこんな文字が。

 

原材料はこちら

  • 有機アニスの種子
  • 有機スイートフェンネルの種子
  • 有機カルダモンの果実
  • 有機コリアンダーの種子
  • 有機リコリスの根
  • 有機ターメリックの根

 

コンポスト可能なティーバッグには、エッセンシャルオイルと、浄化作用のある最高品質のハーブがたっぷり入っているそうです。

香りは一般的なハーブティー(ミント香)、味はほんのり甘さを感じます。

 

 

 

2日目:Mint Refresh ミントリフレッシュ

ペパーミント、リコリス、ローズなど気分をすっきりさせる、6種類のハーブをブレンドしています。

ほのかな甘さとハイビスカスの酸味、ペパーミントの爽快感が感じられます。

 

【原材料】

  • 有機ペパーミントの葉
  • 有機リコリスの根
  • 有機ハイビスカスの萼
  • 有機スイートフェンネルの種子
  • 有機コリアンダーの種子
  • 有機ローズの花

 

 

1日目のフェールニューよりは、ミント香も甘味も強いです。ミント好きな方にはおすすめです。

 

 

3日目:Lemon,Ginger & Manuka Honey レモンジンジャー&マヌカハニー

レモンの爽やかな酸味と風味、ジンジャーのぴりっとした辛さ、ハーブの甘味を感じるハーブティーです。

有機栽培でじっくりと乾燥させたレモンとショウガの根を使用し、マヌカハニーを配合。昼夜を問わずいつでも楽しめるような味です。

 

こちらのティーバックの裏、アドベントカレンダーにはこんな言葉がありました。

「このカップはキャロルシンガーのお友達。ハーブの力を借りて大声で歌おう。」

喉のケアにおすすめ、ということでしょうね(^^♪

 

【原材料】

  • 有機ジンジャーの根
  • 有機リコリスの根
  • 有機エルダーの花
  • 有機スイートフェンネルの種子
  • 有機レモンバーベナの葉
  • 有機ターメリックの根
  • 有機レモン果皮搾汁
  • 有機レモンの果実
  • 有機レモンマートルの葉/マヌカハニー香料

 

 

ジンジャーとレモンの味・風味のバランスがいいです。

マヌカハニー入りですが、甘味は強くありません。甘いのが好きな方は蜂蜜を足して飲むのもいいかもしれませんね。

 

 

4日目:English Breakfast イングリッシュ ブレックファスト

ハーブティーだけでなく、紅茶(ブラックティー)もラインナップされていました。

PUKKAブランドと言えばハーブティーのイメージが強く、定番のイングリッシュブレックファストは飲んだことが無かったので、飲んでみるいい機会になりました。

有機栽培のナムラン茶を使用しています。

 

 

 

【原材料】

  • プサルホラ・ドアーズ(インド北東部、ダージリンとアッサムの中間に広がるドアーズ地方の紅茶)
  • ダージリン・レイトフラッシュ
  • ポンチョゴラ(バングラデシュの紅茶)

 

 

ミルクは入れずに飲むことをおすすめされています。

 

 

5日目:Supreme Macha Green シュプリーム抹茶グリーン

有機ホールリーフグリーンと最高級抹茶パウダーを使用した一杯。

中国の煎茶、インドのウートゥ、ベトナムのスオイガンの3種類の緑茶をブレンドしています。

 

【原材料】

  • 煎茶(中国・大張山)
  • ウートス茶(インド・西ガーツ)
  • スオイガン茶(ベトナム・イエンバイ)
  • 抹茶パウダー(ジェホドガルチャ)

 

日本の緑茶とはまた違った風味です。中国茶っぽい?

同じ緑茶でも、産地が違うとここまで違いが出るものなんですね…(;’∀’) 素人の私でもわかるくらいです。

 

 

6日目:Three Ginger スリージンジャー

すりおろしたショウガのような温まる風味のあとに喉で甘さを感じられます。

寒く乾燥する時期にぴったりの一杯です。カフェインフリーで、寝る前に飲んでもOK.

 

【原材料】

  • 有機ジンジャーの根
  • 有機ガランガルの根
  • 有機リコリスの根
  • 有機ターメリックの根

 

 

ショウガ好きの私(妻)が大好きな味と風味です!

日本の市販のしょうが湯は砂糖の甘さが苦手だったので、ショウガが持つ本来の自然な甘さをほんのり感じるこちらのブレンドは大変気に入りました。

ショウガの辛味が苦手な人は、蜂蜜を入れて飲むと良いかもしれません。

 

 

その①の記事では、以上6つのフレーバーをご紹介しました。気になるものはありましたか?(*^^*)

次回記事でも引継ぎ紹介していきますので、ぜひご覧ください♪

【人気24種】パッカハーブティー(PUKKA)アドベントカレンダー②

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。