【ロンドンの歴史を学ぶ】ロンドン博物館(Museum of London)

旅行
この記事は約2分で読めます。

 

バービカン(Barbican)駅近くにあるロンドン博物館(Museum of London)

ロンドンの歴史を知ることができる博物館です。町の歴史だけで立派な博物館ができるとは、さすがロンドンです(;’∀’)

行ってきましたので、写真と共に紹介していきます。

 

 

【Location】

150 London Wall, Barbican, London EC2Y 5HN

 

 

世界最大規模の市立博物館として有名な「ロンドン博物館」。入場料は無料です。

 

Youtube動画もUPしました。よろしければご覧ください。

 

 

セント・ポール大聖堂から歩いて5分のところにあります。また、近くにはヨーロッパ最大の文化施設と言われるバービカン・センター(Barbican Centre)や、バンクシーの作品など、博物館以外にも観光名所があります。

 

【バービカン駅】

 

【バンクシーの絵にストリート・アーティストのTeam ROBBOが上書きをした「ロボに上書きされたネズミ」】

 

ロンドンの先史時代から現代までの歴史を紹介しており、展示は旧石器時代に始まり、ローマ人の暮らしの様子、ロンドン大火のジオラマ、デパート「セルフリッジ」に初めて設置されたエレベーターまで多岐にわたります。

時折開催される特別展も注目を浴びるものが多いです。(特別展は有料)

 

 

入ってすぐにはロンドンの町ができる前の紀元前頃の様子についての展示がありました。

 

テムズ川の北岸にこの街が誕生したのは2000年も前のこと。それ以前の約50万年もの間、テムズ川流域には狩猟民や牧畜民、農耕民などの密接なコミュニティが存在していました。

 

ローマ人がこの地域に来る以前の、ロンドンの自然風景・人々の暮らしについて展示されています。

 

説明文と共に、地元の子供が描いた絵も展示されていてほっこりしました(*’▽’)

 

 

タイトルとURLをコピーしました