【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑱~

2022-09-08グルメ

 

お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します!イギリス以外の国のビールについても紹介しています。

前回記事までに、たくさんの銘柄を紹介してきました。今回その18記事は、141~148番目のビールです。

 

美味しいビールを発見したら都度更新していくと思いますので、海外ビール好きな方はブログをちょこちょこ覗いてください(^^♪

 

 

英国といえばパブ。夜はビールを片手にサッカー観戦しているお客さんで盛り上がっています。(夜だけでなく昼間もビールを飲んでいるお客さんでにぎわっていますが…)

 

イギリス国民から愛されるビール。

税率20%ですが、スーパーで販売されているビールは1.5£~3£(約200円~450円)と日本と変わらない価格帯です。

 

ラガービールなどはキンキンに冷やされていますが、エールビールなどの適温が10度~常温のビールは、常温の棚に陳列されています。

 

 

 

前回記事はこちら↓↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑰~

 

 

 

BrewDog VS Cloudwater: New England IPA

ブリュードッグ (BrewDog)のビールです。2007年設立、スコットランドのエロンに拠点を置く独立系クラフトビールメーカーです。

独創的・挑戦的で枠にとらわれない多種多様なラインナップが魅力的。アルコール度数は55%のビールも販売しているそうです!

学生時代の友人同士である、ジェームズ・ワット(経営・マーケティング担当)と、マーティン・ディッキー(醸造担当)の2人で立ち上げたのだとか(;’∀’)

 

非上場企業ですが、主な資金調達を「Equity for Punks(パンク株)」という株式投資型クラウドファンディングから得ています。

2009年から2020年までに、12万人から約7300万ポンド(約95億円)の資金を調達し、急成長を遂げたという面白い経歴の醸造所です!

 

パンク株の株主は、経営上の意思決定に参与以外にも、オンラインショップや直営バーでの永久割引、限定醸造ビールの購入、バースデービールサービス、醸造所無料ツアー、フェスティバル形式の年次株主総会への招待など、様々な特典(優待?)が受けられるようです。

 

こちらのビール「BrewDog VS Cloudwater: New England IPA」は、アルコール度数6.8%のニューイングランドIPAです。

イギリスのグレーターマンチェスターにある、モダンな季節限定ビールを醸造することで人気の「Cloudwater Brew Co.」とのコラボ商品です。

シトラとモザイクのドライホッピングで風味付けをしています。グレープフルーツのような柑橘系の良い香りがするビールです。

原料に小麦を使用しているため、濁った見た目をしています。

 

 

 

Layer Cake

同じくブリュードッグ (BrewDog)のビール。

アルコール度数7.0%のスタウト(黒ビールの一種で、色が濃く、香味が強いビール)。

乳糖を使用して醸造しています。

香りも味も甘味が強いです。「レイヤーケーキ」という名の通り、チョコレートブラウニー、マシュマロ、バニラなどの風味が重なるリッチな黒ビールです。

シェリー酒のように、ちびちびと香りと味をゆっくり楽しんで飲むようなビールです。ずっしりとした甘みを楽しみたい人は、あまり冷やさなくてもいいかもしれません。

 

 

 

Dog G

同じくブリュードッグ (BrewDog)のビール。

ブリュードッグの11周年を記念した、特別なビール「Dog G」。アルコール度数17%のインペリアルスタウトです。

6種類のモルトを使用し、ウイスキー樽で樽熟成して作られています。

糖蜜、スパイスココア、アフォガート、チョコレート、レーズンの香りといった、非常に複雑なアロマと濃厚な味わいのリッチなビールです。

甘く複雑な香り、まったりとした濃厚な味わいをしっかりと楽しみたい方は、あまり冷やさずに飲むことをおすすめします。

 

 

 

Jet Stream

同じくブリュードッグ (BrewDog)のビール。

アルコール度数4.2%のペールエールです。

イギリスの航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)」とブリュードッグのコラボレーション商品で、

ブリティッシュエアウェイズの航空機内専用のビールです。

搭乗した時に、機内で4ポンドほどで購入しました!一般販売はされていないレア銘柄です。

シトラスとトロピカルフルーツ、軽いキャラメルモルトの風味が特徴です。

 

 

 

Ossian

スコットランドのマイクロブルワリー、インベラルモンド醸造所(Inveralmond Brewery)のビールです。

1997年創業の雄大な田園地帯にあるインベラルモンド醸造所は、受賞歴のある高品質なビールを製造しています。

 

こちらのビール「Ossian(オシアン)」は、アルコール度数4.1%のゴールデンエールです。

スコットランド・ハイランド地方の太古の英雄詩人オシアンの名を冠したこの淡い黄金色のビールは、年間を通じて販売され、数々の賞を受賞しています。

フルボディのフルーティーな味わいと、独特のナッツのような香り、そしてカスケードホップのホッピーでピリッとしたオレンジのアロマが特徴です。

 

 

 

Joker IPA

スコットランドの地域限定醸造所「Williams Brothers Brewing Co.」のビールです。

アルコール度数5.0%のイングリッシュIPAです。

黄金色でモルトとホップの複雑なバランスの良いIPA。フルーティ・杉のような風味豊かなビールです。

 

 

 

Caesar Augustus

同じく、スコットランドの地域限定醸造所「Williams Brothers Brewing Co.」のビールです。

アルコール度数4.1%の、ラガーとIPAのハイブリッドであるIPL (India Pale Lager)。

爽やかでクリーンな香りと、バランスの取れたIPAの苦味のある後味が特徴です。

 

 

 

St Mungo

スコットランド、グラスゴーにあるWEST醸造所のビールです。

ラガービールと小麦ビールのすべてを、ドイツのビール純粋令に従って製造している英国で唯一の醸造所です。

小規模のローカルな醸造所ですが、英国内の高級レストランで提供されるなどして評価されています。

 

アルコール度数4.9%のラガーです。

WEST醸造所を代表するミュンヘンスタイルラガービール。厳選された原料を使用し、モルトの甘みとホップの苦みが絶妙な、すっきりとした味わいのビールに仕上がっています。

 

 

次回記事、その19に続きます。

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑲~

 

その他、ビール関連記事はこちら。

【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその③ー

 

【ロンドン観光】テムズ川のビアクルーズ(The London Craft Beer Cruise)

 

【英国ビール】ミーンタイム醸造所(Meantime Brewing Company)

 

【イギリスの赤提灯】英国パブに行ってきました