【ロンドン観光】テムズ川のビアクルーズ(The London Craft Beer Cruise)

2022-07-14イギリス

 

テムズ川沿いの観光名所を短時間で巡ることができ、さらにビールソムリエ厳選の英国ビールを楽しむことができるビアクルーズ。

実際に参加してきましたので、クルーズの様子、内容(料金・時間)などご紹介します。

ロンドン観光のご参考になれば幸いです。

 

 

ビアクルーズ:The London Craft Beer Cruise

ロンドンクラフトビールクルーズ(The London Craft Beer Cruise)は、テムズ川を運行し、ロンドンの観光名所を巡りながらビールを楽しめるクルーズです。

テムズ川からしか見られないロンドン観光名所の美しい風景を楽しむことができます。

 

ビールソムリエが設立・運営するこのクルーズでは、クラシックなビールからモダンなスタイルのビールまで、厳選された英国ビールを提供しています。ビール醸造所のオーナーが参加することもあるそうです。

ビールの専門家のビール知識を聞きながら、船上でビールを楽しめるとは贅沢ですね!

クルーズでは、ビールだけでなくカクテル、シードル(イギリスではサイダーと呼ばれる)、ソフトドリンクも提供されています。

 

今回、私達が参加したツアーの料金(オンライン予約)は48.02ポンドです。チケットサイトにより、料金は多少変わるみたいです。

所要時間は2時間30分です。クルーズは1日2便(12:30pmと15:30pm)。

このチケットでは、船上でビール5杯を飲むことができます。ビールクルーズで使用するロゴ入りビアグラスは、お土産として持って帰ることができます。

 

通常のイギリスのビアフェスティバルと比べると、飲むことができるビールの量が制限されていて料金48ポンドは、割高なように感じるかもしれません。ですが、クルーズ料金が含まれていると考えれば、妥当なお値段かもしれませんね。

 

イギリスのビアフェスティバル関連記事

【イギリスのビール祭り】Riverside Beer Festival 2022

【イギリスのビール祭り】Wandsworth Common Spring Beer & Cider Festival~その①~

 

 

 

クルーズの様子

クルーズの出発地点は、ランベス橋 (Lambeth Bridge)の近くです。

1932年7月12日に国王ジョージ5世とメアリー女王によって開通されたというランベス橋。橋は、ウェストミンスター宮殿にある貴族院の席と同じ赤色で塗られているそうです。

映画のロケ地としても有名で、「ハリー・ポッターとアスカバンの囚人」や「007」にも登場します。

 

橋からクルーズ乗り場が見えます。

 

すぐ近くには、ビッグベンことエリザベスタワーが見えます。

 

 

クルーズ出発の時間は15:30。事前連絡であったように出発の15分前に集合場所に来ましたが、既に長蛇の列でした!

瓶ビールを飲みながら並んでいる人もおり、酔っぱらいで盛り上がっています。

 

受付でメールで届いていたチケットのコードを読み込んでもらい、リストバンドをもらって搭乗。大きな2階建ての船でクルージングです。