【ビール・収穫祭】ケント州ホップ祭り「Faversham Hop Festival 2022」

イギリス生活
この記事は約4分で読めます。

 

ホップの生産地として有名なイギリス・ケント州で開催される、「フェイバーシャム・ホップ・フェスティバル (Faversham Hop Festival)」

キャンプ場や子供向けの遊園地エリアまであり、家族向けのビールフェスティバルという感じでした。

ホップ祭りの様子を、写真と共に紹介します!

 

 

ホップ祭り「Faversham Hop Festival」

「イングランドの庭園」といわれ、ホップの生産地として有名なイギリス・ケント州。

そのケント州フェイバーシャムで開催される「フェイバーシャム・ホップ・フェスティバル (Faversham Hop Festival)」は、1990年から開催、非営利団体・ボランティアにより運営されています。

会場への入場料・参加費は無料。2022年は土日の2日間にわたって開催されました。主要スポンサーには、英国最古のビール醸造所「シェパードニーム醸造所(Shepherd Neame)」や地元企業がついています。

 

Youtube動画でも紹介しています。よろしければぜひご覧ください(^^)/

 

 

記録に残っている、ケント州で最初のホップ園は1523年に作られたもの。以来、イギリスのホップ栽培の中心地であり続けています。

イギリスのビール醸造の聖地ともいえる土地のホップ収穫祭です。

 

プレストンストリート、ウェストストリート、イーストストリート、中央駐車場のエリアで開催され、アビー・スクールでキャンプ村と駐車場を運営します。このエリア内にある屋台も、フェスティバル運営が配置したものです。

 

駅・会場周辺にはホテルが少なく、車で運転して帰るなら飲めないなと思っていましたが、ちゃんとキャンプ場が準備されていました。

キャンプ場の利用料金は、広さにより値段が異なり、15~25ポンド。トイレ・シャワーボックスが完備されており、週末にはキャンプ場でもライブエンターテイメントが開催されるそうです。

開催期間である9月の最高気温は20℃ほどと、キャンプに適した気温。キャンプ場は毎年大人気らしいので、利用する場合は事前予約をおすすめします。

 

 

会場の最寄駅であるフェイバーシャム駅まで、ロンドンのビクトリア駅から電車で1時間半。”Southeastern”線の電車内は快適でした。

 

フェイバーシャム駅に着くと、ホップフェスティバルの弾幕が出迎えてくれました。駅の至る所にホップが飾り付けられています

 

 

会場の様子

お酒好き夫婦の私たち、気合を入れて早く到着してしまったため、会場にはまだ人があまりいません。屋外の催しなので、当日が晴れてよかったです(^^♪

 

 

各所にライブパフォーマンスのステージが設置されています。

 

会場入り口付近では、パンフレット(有料、1ポンド)を配布しているスタッフさんがいました。

 

パンフレットには、会場のマップが記載されています。トイレの場所を確認しておくと安心ですね。

 

その他に記載されているのは、イベント情報や

 

イベントのタイムテーブル

 

会場付近のお店で使うことができるクーポン券がありました。使いようによっては、パンフレット代の1ポンド以上の価値がありますね。

 

会場となっているエリアのお店は、飲食店であろうとなかろうと、ホップで飾り付けられており、街全体がホップ祭りを盛り上げていました。

 

不動産屋のショーウィンドウにもホップが飾り付けられていました。

 

タイトルとURLをコピーしました