【イギリスお土産に】東インド会社の紅茶

グルメ
この記事は約4分で読めます。

 

イギリスお土産におすすめ、東インド会社の紅茶について紹介します。

 

東インド会社  The East Inda Company

世界史で勉強した、あのイギリスとアジアの貿易のために設立された「東インド会社」とは、名前は一緒ですが別の会社らしいです。

歴史で良く知られている「東インド会社」は、セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散しています。

 

現在の「東インド会社」は、イギリス政府の許可を得てインドの人が約160年ぶりに新たに設立されたものとのこと。

社名のブランド性を引き継ぎ、ロンドンを中心として輸入品などの販売が行われています。

 

紅茶の評価は高く、ロンドンのリージェント・ストリートに店舗があり、数多くの高級ホテルで提供されるほどの紅茶です!

関係の無い違う会社といえど、ネームバリューがあるためお土産としても人気です。(勘違いして買っていく人もいるとか…)

 

 

 

ザ・スタントン・アール・グレイ

 

 

 

渋味は少なくライト。明るいオレンジ系の赤色。

ベルガモットオイル、ネロリオイルが使われており、甘い香りです!

通常のアールグレイと異なる点は、オレンジフレーバーが使われているところです。

ミルクティーとして飲んでも美味しいです。

 

 

ロイヤルブレックファースト ROYAL BREAKFAST

 

 

 

アッサムとセイロンのブレンド、イギリス国民が好むブレンド・ティーです。

渋みとコクがあり、ミルクティーにしても美味しいです。

オーソドックスな香りです。

 

 

ディレクターブレンド DIRECTOR’S BLEND

 

 

 

ディレクターブレンドの中国緑茶。

渋みはあまりありません。

HPには「しっとりとしたスポンジケーキと一緒にお楽しみください。」と記載があります。

 

 

グリーンティージャスミン GREEN TEA WITH JASMINE

 

 

 

中国緑茶にジャスミン茶がブレンドされています。

ほんのりとしたジャスミンの香り、そこまで強い香りではありません。

 

 

ザ・キャンベル ダージリン The Campbell Darjeeling

 

 

 

マスカテルフレーバーで、フルーティーな香り。

商品名に入っている「キャンベル」とは、東インド会社のダージリン担当監督官のキャンベル博士から名を取ったらしいです。

 

マスカテルフレーバー

ダージリンの中でも上質な茶葉が持つ香り。フルーツのマスカットに似た香り。

ダージリンのセカンドフラッシュに特に強く感じられるそうです。

マスカテルフレーバーを持つダージリンのセカンドフラッシュは、「紅茶の女王」や「紅茶のシャンパン」とも比喩されています。

 

セカンドフラッシュ

インド・ダージリン産紅茶は年に3回、春・夏・秋に旬があります。

その中でも特に評価が高いのが、夏摘み=セカンドフラッシュ。

 

 

ペパーミント Peppermint Infusion

 

 

 

昔からペパーミントは、消化促進の働きをするハーブとして知られてきました。

心地よい爽快感のある味わいのハーブティーです。

鼻に抜けるさわやかな香り。ミントの香りが強めなので、ミント好きの方におすすめかもしれません(^^♪

 

 

紅茶以外にもチョコレートやビスケットなど、いろんな商品を展開している東インド会社。

可愛いパッケージのものが多く、お土産品として喜ばれそうです。

 

<The East India CompanyのHP>

The East India Company - Lifestyle Homepage
TEAS A distinctive collection with unique ingredients COFFEES Explore our range of carefully selected rare beans and signature blends GIN .

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました