【ドイツ旅行記】ケルン観光 その②

2022-08-26旅行

 

ドイツ西部の都市「ケルン(Köln)」。

世界遺産であるケルン大聖堂(Kölner Dom)で有名です。ライン川一帯の都市の中で、主要な文化の中心地となっています。

実際に行ってきました!そんなケルンの見どころ観光名所、ホテル、食べ物、ビール、ビアホールなどを紹介します!

 

前回記事では、観光名所・食べ物・グルメを紹介しました。

【ドイツ旅行記】ケルン観光 その①

 

今回は、以下の内容を紹介します。

  • ケルンのホテル宿泊記「ヒルトン・ケルン(Hilton Cologne)」「ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)」、
  • ライン川クルーズ船に乗ってみました
  • 欧州格安航空「ライアンエアー」でイギリス・ドイツ間2,500円

 

Youtube動画でも紹介しています!

 

 

ホテル

ヒルトン・ケルン(Hilton Cologne)

世界遺産・観光名所まで徒歩で行ける好立地、スパークリングワインが好きなだけ飲める贅沢な朝食…!

観光地ど真ん中にあるホテルとしては、満足度が高く、コスパが良いかと思います。

 

詳細はこちらの記事で紹介しています↓

「ヒルトン・ケルン(Hilton Cologne)」宿泊記【ドイツ・ケルンのホテル】

 

ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)

世界遺産・観光名所・中央駅まで徒歩で行けるという好立地なホテルです。

そしてなにより、美味しい料理・お酒が楽しめるラウンジ・朝食が付いての宿泊料金と考えると、満足度・コスパが高いです!

「ホテルの外でドイツ料理を楽しみたい!」という人にとっては、ラウンジで飲食してしまうとお腹の余裕が無くなってしまうので、エグゼクティブフロアに泊まるのは勿体ない気もしますが(;’∀’)

のんびりとしたドイツ旅行の場合はおすすめのホテルです!

 

詳細はこちらの記事で紹介しています↓

「ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)」宿泊記【ドイツ・ケルンのホテル】

 

 

ライン川クルーズ船

ケルンの観光人気アトラクションの1つが、ライン川クルーズです。

世界遺産や旧市街地といった美しい街並みを眺めながら、ゆったりとコーヒーやビールを楽しむことができます。

 

小型のクルーズ船から、2階建ての大型クルーズ船まであります、

ケグに入ったビールがこんなにたくさん!一日でこれだけの量を消費するんでしょうか(;’∀’)

 

クルーズツアー代理店はライン川沿いにこんなにたくさんあります。ひっきりなしにたくさんのクルーズ船が運航しています。

コース・所要時間・料金は様々です。1時間ほどのクルーズから、寝泊りできるクルーズまで。

 

今回私たちが利用させてもらったのは、ケルン中央駅・ホーエンツォレルン橋すぐ近くに船着き場がある「Dampfschiffahrt Colonia」です。ホームページはこちら<https://dampfschiffahrt-colonia.de/

 

所要時間は1時間、往復運航でまた同じ船着き場に戻ってくるコースです。出発時間は、10:00, 11:20, 12:40, 14:00, 15:20, 16:40, 18:00と。一日に7本出ていました。

チケット料金は、大人13ユーロ、子供は6ユーロでした。お得なファミリーチケットもありました。

 

乗船です。

 

屋根が無い2階席と、船内の1階席がありました。

 

 

出発してしばらくして見えてきたのは、聖マルティン教会(Great St. Martin Church)

 

旧市街(アルトシュタット)

 

世界遺産のケルン大聖堂(Kölner Dom)

 

地元ビールのケルシュビールを飲みながら、クルージングを楽しめます。

ビールは300mlグラスで3ユーロ(約400円)。クルーズ船だからといって、高すぎない値段設定で良心的です。もちろん、クレジットカードでの支払いは可能。

 

冬は寒さが気になるかと思いますが、夏は風が気持ちよく、テラスでビールを飲んだりと最高な体験です!

夏のドイツのライン川流域では、クルージング体験がおすすめです(^^♪

 

 

欧州最強格安航空「ライアンエアー」を利用しました

今回は、イギリスのスタンステッド空港(London Stansted Airport) から、ドイツのブレーメン空港(Bremen Airport)まで、欧州最強格安LCCこと「ライアンエアー(Ryanair)」を利用しました。

とにかく料金が安いことが売りの航空会社で、アイルランドのダブリン空港と、イギリスのスタンステッド空港を主要拠点としています。

今回の旅費は、ブレーメンまで片道16.5ポンド(約2,600円)でした!

心配になるほど安いです(;’∀’)「都内からちょっと伊豆高原まで遊びに行ってくる」ぐらいのお手頃価格で海外旅行ができてしまいます!浮いた旅費は、現地のビール代に(^^♪

 

実際に乗ってみて感じたライアンエアーの良い点・悪い点は、こちらの記事で紹介しています!

【やばい?欧州格安航空】ライアンエアー(Ryanair)搭乗記ブログ

 

ロンドン市内、リバプール駅から乗り換えなしの電車一本で1時間でスタンステッド空港に到着します。電車内は自由席、コンセント完備です。

 

リバプールからスタンステッド空港へ向かうときは、忘れずに電車のチケットを購入して乗車してください!

スタンステッド空港は、実はオイスターカード(イギリス版Suica)利用範囲外です。いつものようにオイスターカードを使って乗車してしまうと、スタンステッド空港の駅で問答無用でペナルティ(罰金)として1人40ポンド支払うことになります( ;∀;)

 

スタンステッド空港、ブレーメン空港の様子については、以下記事で紹介しています。

【ドイツ旅行記】ブレーメン観光おすすめ その①

 

ドイツの高速鉄道についてはこちらの記事で紹介しています↓

【ドイツ旅行記】デュッセルドルフ観光 その①

車窓からの景色と楽しみながら、食堂車で飲んだビールが美味しかったです(^^♪

 

伝統的なブラウハウスでケルシュビール・ドイツ料理を楽しむのもよし、満足度が高くコスパ良いホテルでのんびりと過ごすも良し、私たちのような酒好き夫婦にはたまらない街でした。

ケルンには格安航空ライアンエアー発着の空港がありますし、欧州各国からはお手頃な旅費で遊びに行けます。

宿泊費・外食費などが高いイギリスと違って、ドイツは日本とそこまで差がないかと思います。満足度が高いケルン観光、おすすめです!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。