「ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)」宿泊記【ドイツ・ケルンのホテル】

旅行

 

「ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)」

世界遺産・観光名所・中央駅まで徒歩で行けるという好立地なホテルです。

そしてなにより、美味しい料理・お酒が楽しめるラウンジ・朝食が付いての宿泊料金と考えると、満足度・コスパが高いです!写真と共に紹介します。

 

 

ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)

ケルンにあるマリオットホテル「ケルン・マリオットホテル(Cologne Marriott Hotel)」。

宿泊予約サイトの評判が良いです。宿泊者はスパ施設利用無料、ラウンジを利用できます。

ケルン中央駅や世界遺産である「ケルン大聖堂」まで徒歩3分、その他のケルンの有名観光地へも徒歩圏内というロケーションが素晴らしいホテルです。

 

ドイツといえばビール!ビアホールへのアクセスも良く、徒歩圏内です。ビアホールでドイツビールを楽しむためにも、マリオットホテルのラウンジでスパークリングワインを楽しむのはほどほどにしました(*_*;

ケルンのビアホールである、ブラウハウスについてはこちらの記事で紹介しています。

【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその③ー

 

ロビーは広々としており、天井から自然光が差し込み、開放感のある雰囲気です。

受付のスタッフさんが、フレンドリーで親切な接客でした。同じケルンで宿泊したヒルトンホテルと比べると、宿泊費が高い分、サービスのレベルが高いなぁという印象です。

 

ロビーと同じ1階にあるバー。

 

 

料金

ラウンジ利用ができるエグゼクティブツインルーム1泊、朝食付きで、210ユーロ(約28,300円)でした。

宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」のポイント利用のおかげで、手出し9ユーロ(約1,200円)で宿泊することができました!

 

朝食が含まれてない宿泊プランでも、24ユーロ(約3,200円)で朝食を付けることができます。

 

ラウンジが利用できないデラックスツインルーム(25平方メートル)と比べると、エグゼクティブツインルーム(57平方メートル)は50ユーロほど料金は高いです。

部屋の広さが倍以上、かつラウンジで好きなものを飲食できることを考えると、プラス50ユーロでエグゼクティブに宿泊した方がいいかなと個人的には思います(^^♪

 

 

客室

エグゼクティブツインルームの客室はこちら。広さは57平方メートル、バスタブあり、コーヒーメーカー・冷蔵庫ありです。

 

窓からの景色。中庭向きの部屋です。

 

ベッド横に、Cタイプのコンセントだけでなく、USB差し込み口がありました。USB充電が可能です。

 

無料の水が1本。グラス、マグカップ、電気ケトルが揃っています。

 

コーヒーと紅茶はドイツのブランドのものでした。

「IDEE Kaffee(イデー・コーヒー)」は、ドイツ・ハンブルクに本社を置くコーヒーメーカーです。1866年設立という歴史あるコーヒーメーカーだそうです。

紅茶のブランドは「Eilles(アイレス)」。1873年設立のミュンヘン発の紅茶専門店で、バイエルン王室御用達の紅茶なのだそうです。

どちらもドイツのブランドなので、飲んでみて気に入ったらお土産に買って帰りたいですね♪

 

冷蔵庫も完備。

 

洗面台・シャワールーム・トイレはこちら。

 

十分な量のタオルが置いてあります。

 

エコへの意識が高いドイツ。環境問題に配慮したホテルが多く、アメニティが少ないホテルが多いですが、マリオットホテルはある程度のアメニティが揃っていました。

 

シャンプー・コンディショナー・シャワージェル、たっぷり用意されています。ドイツのホテルでは、ミニボトルでちょっとだけ準備されてるホテルが多い印象だったので、安心しました。

 

 

ラウンジ

エグゼクティブラウンジはこちら。