【JALビジネスクラス体験記②】羽田→ロンドンヒースロー

旅行
この記事は約10分で読めます。

妻ゆーこです!

前回のその①記事では、JALのファーストクラスラウンジについて紹介しました。

【JALビジネスクラス体験記①】羽田→ロンドンヒースロー
妻ゆーこです! 夫レージくんのイギリス駐在が決定し、夫は会社の費用負担でANAのビジネスクラス利用で、ロンドンへと旅立っていきました。その体験記事はこちら↓ 羽田→ロンドンヒースローまでの航空運賃は、エコノミーで...

今回は、気になるビジネスクラスの機内の様子について記事にしてみました。

 

座席

ビジネスクラスの座席はこれくらいの広さ。エアーウィーブのマットレスが準備されているようです。

座席全体をうまく撮影できなかったため、説明書の写真を撮影(*_*;

足元はこんな感じ。

日本女性平均身長ぐらいの私が、足を思いっきり伸ばしても壁に足先が当たらないくらいでした。

モニターは23インチと、十分な大きさです。

 

真横にはちょっとした収納スペースがありました。

通路側の席でした。

隣の席との壁もボタン一つで作ることができます。

座席のリクライニングは、こちらのボタンで細かく設定できます。腰回りのマッサージ機能もあります。

 

設備・アメニティ類

座席に置かれていたアメニティ類

一番下に置かれているグレーはお布団、軽いけど保温性に優れていました。家に一つ欲しいくらいです。

ヘッドホンはSONY製です。

スリッパはふわふわです♪

ミネラルウォーターは、イギリスのものでした。ロンドン行の便だからなのでしょうか…

もしかして路線ごとにミネラルウォーターのメーカーを配慮されているんですかね(*_*;

 

 

 

 

 

食事・飲み物

座席に置かれていた「BEDD」と書かれたパンフレットを開くと

お腹が満たされた後は座席をベッドにしてお休みいただけるファーストクラス、ビジネスクラスならではのシーンを想像させる「BEDD」という名のオーベルジュで。

BEDに続くDの文字にはDine(食べる)、Delicious(美味しい)、Dream(夢見ごこち)の意味を込めました。

お、オーベルジュ…?調べてみると、直訳すると”旅籠”で、”郷土料理を提供するレストラン付きのホテル”を意味するフランス語らしいです。

機内のお食事メニューを担当している料理人の方々。

予約困難な有名店のシェフばかりですね(*_*;

 

私はコーヒーは詳しくありませんが、コーヒーひとつでこの説明量…こだわり抜かれた品質できっと美味しいんでしょうね

 

飲み物メニュー

ワインアドバイザーの大越さんが厳選したラインナップのワインたち。

どれもケチな私が普段の家飲み用には買えないほどの、良いお値段のするものばかりです…

シャンパンは英国王室御用達のものが選ばれています。

もしかしてちゃんと路線ごとに銘柄が厳選されているのでしょうか…もしそうなら細かい配慮ですね~(*_*;

イタリア行き、フランス行きのワインはどんな銘柄なんだろう?と他の路線でもビジネスクラスを利用したくなってしまいます。航空会社の思うつぼ。

白ワイン、赤ワインと2種類ずつ準備されているあたり贅沢ですよね~

片方が口に合わなかった場合にもう一種用意されているんでしょうか。

日本酒もあります。しかも純米大吟醸です。

お米を贅沢に使ったお酒を、こんな贅沢な空間で味わえるなんて罪深いです(>_<)

その他にも、カクテル、ウイスキー、ジン、ウォッカ、ブランデー、リキュール、ビール、焼酎など…たくさんのアルコールが用意されています。

本当に上空1万mなの?と疑うほどの豊富な品揃えです!

ソフトドリンクも種類豊富です!

食事メニュー

和食のメニュー。献立の内容が事細かに説明されています。

 

洋食メニュー。お肉(和牛サーロイン)かお魚(ヒラメの香草パン粉焼き)の選択を迫られます。

ただでさえ、和食or洋食で悩んでいるというのに…w

パンはメゾンカイザーのものらしいです。

「Anytime You Wish」のページに書かれているメニューは、その名の通りいつでも(到着の1.5h前まで)食べることができるメニューです!

空の上でまさか鰻を食べられるとは!

 

 

 

 

実食

離陸して私がメニューを見て楽しんでいるとすぐに、CAさんが食事の準備をはじめました。

収納されていた座席のテーブルを取り出し、クロスを敷いてくれました。

食前酒としてシャンパンをお願いしました。

目の前で注いでくれます。写真も撮らせていただきました(優しい)

グラスも十分に冷えています。おつまみのあられミックスもつけてくれました。

 

悩んだ末に、洋食を選びました!

冷たいお皿に盛られた美しい前菜、温かいメゾンカイザー特製ブレッド、シャンパン…贅沢ですね!

思わず「今、私は贅沢をしている…」と真顔になってしまいました

ナプキンの内側に、フォーク類がまとめられてました。

メニュー表には、シンプルに「オムレツシーザーサラダ」と書かれていますが、お味はそんなシンプルなものではない美味しさでした。

オムレツの上に載っているエビみそソースがとっても濃厚です。サラダに関しても、お家で再現するのは難しいようなお店のお味でした。

穴子のベニエ

ベニエとはフランス語で「衣揚げ」と言う意味らしいです。ほんのりピンク色のソースは、桜の香りがします。

メゾンカイザー特製ブレッド

コンプレのプチパン、オートミールとコーングリッツのパン

メインディッシュの和牛サーロイン

このレア感を残しつつ、どうやって温められたんでしょうね…技術に感動しました。

肉を切る専用ナイフでなくとも、スイスイ切れるほどやわらかい肉質でした。

温泉卵がついてきました。「すき焼き風に召し上がってください」とのこと。

贅沢すぎて思わず「ひゃ~」と声が漏れてしまいました(*_*;

黄身の色が濃い~

 

 

 

 

肉料理だからと、CAさんが赤ワインを注いでくれました。

テレビも観ることができます。

 

通路を通る際にCAさんが頻繁に「何か足りてないものはございませんか?」「ワインのおかわりはいかがでしょうか?」とお声がけしてくださるので、お言葉に甘えておかわりを…

1人1人への接客がとても丁寧です…!

 

お客さんが少ないせいか、CAさんが積極的に話しかけてくださり雑談の相手もしてくれました。

 

「お料理はいかがでしょうか?お口に合いましたでしょうか?(素敵な笑顔)」

 
 

めちゃめちゃ美味しいです!!空の上でいただいてるとは思えないくらい素敵なお食事です!

 

 

まぁ!ありがとうございます!
JALでは「空飛ぶレストラン」をモットーにお食事にこだわっておりますので!」

 

空飛ぶレストラン」その名の通り、お料理のクオリティは高いです。

 

ビジネスクラス、初めて乗るので楽しみにしてきました!

 

 

「さようでございましたか!どんどんお好きなものをお飲みになってください!(素敵な笑顔)」

 

 

と甘やかしてくださり、テーブルの上には白ワインも赤ワインも乗っています…w

美味しいので味わってゆっくり飲んでいると「新しいものに変えましょうか?」と…そんな勿体ないことはできないので、ちゃんと全部飲みました。

 

デザートのほのかなアールグレイ香るグレープフルーツのマカロン

飲み物は温かい紅茶です。クリームがたっぷり挟んであり、私が知ってるマカロンの分厚さではないです(*_*;

クリームの中にグレープフルーツの果肉が入っていました。紅茶に合います。

 

 

 

 

 

さて、そこそこ食べましたが、ここから軽食を食べていきます!たくさん食べても、胃もたれしにくいのは20代の特権かもしれません…w

 

フムス、バルサミコ茸と彩り野菜のサラダ オニオンドレッシング

フムスは、ゆでたヒヨコマメに、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調味したペースト状の料理らしいです。(写真中央の茶色)

グラスが空くと、すぐさま声がけしてくださるので、どんどん飲んでしまいます。

白ワインのおかわり

 

九州産うなぎ 刻み蒲焼き膳

まさか空の上で鰻を食べられるとは。とても美味しく、機内食とは思えないクオリティです。

 

 

お酒は福島県の純米大吟醸「寫樂

フルーツのようなさわやかな香りがします!ワイングラスで飲む日本酒、といった感じです。

私好みの味でした。日本に帰ったら絶対買います!

 

ちゃんぽんですかい

グラスより一回り小さいくらい。小腹がすいた時にいいサイズです。

 

日本酒が美味しすぎたので、もう片方の栃木県の日本酒「鳳凰美田」を

「マスカットを思わせる華やかな香り」と書かれていた通り、いい香りがします~

こちらも帰国したら買う日本酒リストに入れました!

 

 

 

 

三元豚のカツサンド

温かいです。カップ野菜もついてきました。

飲み物メニューにあった本日のジャパニーズウイスキーは、山崎でした。ハイボールでいただきます。

 

各種チーズ盛り合わせ

ちょっとしたチーズ盛り合わせですら、お皿に盛られてくる贅沢…

 

生パスタ 海老とほうれん草のトマトクリームソース

めちゃめちゃ食べてますね。書いてて恥ずかしくなってきました笑

コニャック レミーマルタンのソーダ割り

 

さすがに、お腹いっぱいで食事はもう食べられません!

ブログ記事にしようと、お腹を空かせてきましたがメニューが豊富で半分ほどしか食べられませんでした(*_*;

 

お酒はまだ飲めるので、映画を観ながら、ちびちび飲んでゆっくりしていたら…

 

 

!?

目覚めると、お腹にお布団がかけられており、目の前にハーゲンダッツが置かれていました。

 

…夢!?

 

寝落ちしてしまっていたようです…甘やかされすぎてまるで実家に帰ってきた時くらいくつろいでました。

JALはママだったのか…と寝ぼけながらハーゲンダッツをいただきます。

 

 

 

 

さらにメッセージカードを添えた記念品までいただきました。

持ち帰り用の蒸気アイマスクまで…

2つある理由は「旦那様も分も置いておきますね(笑顔)」、優しすぎる

 

JALさんの親切心はそれだけではなく、

本日はビジネスクラスのお客様が少ないからということで、着陸まで窓際の席に座ってみないかと提案してくださいました!

お言葉に甘えて着席。

窓からの景色も綺麗に撮影できました。

 

気遣いでミネラルウォーター2本も置いてくださいました…ありがとうございます。軽食のサンドイッチまで

 

窓からの景色を楽しんでいると、あっという間にロンドンヒースロー空港に無事着陸

 

自費ではなかなか乗ることができないビジネスクラス、夢のような時間を過ごせました!

搭乗前は「13時間くらい乗るのか…長いなー!」と思っていたのに、到着直前には「まだ到着しないでほしい…あと15時間くらい(´;ω;`)ウゥゥ」と悲しくなっていました笑

 

私には不相応な贅沢なサービスで、勘違いしてしまいそうになりますね…(;’∀’)

いつか会社負担ではなく自費でビジネスクラスに乗ることができるように…残りの20代も頑張っていくぞ~と気合が入りました(^^♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました