【写真で紹介】大英博物館(The British Museum)~エジプト編⑤~

イギリス

 

 

世界最大の博物館のひとつ、ロンドンのブルームズベリー地区にある大英博物館。

1759年に公開され、250年以上の歴史をもつ世界初の国立博物館

写真と共に紹介していきます。

 

前回の記事に引き続き、エジプトエリアを紹介していきます!

【写真で紹介】大英博物館(The British Museum)~エジプト編①~

【写真で紹介】大英博物館(The British Museum)~エジプト編②~

 

なにがすごいのか?

所蔵点数

現在の所蔵品は800万点以上

 

 

展示面積57,000平方メートル

800万点以上の所蔵品、納得の展示面積です。

今回、2.5時間ほど展示品を見て歩き回りましたが、しっかりみることができたのは古代エジプトエリアのみ…(;・∀・)

記事で紹介できるほど、全てを見て回るには何時間かかるのでしょうか…少しずつ通って計測してみたいと思います!

 

 

世界中の類まれなコレクション

人類の文化の始まりから現在まで、

アフリカ、南北アメリカ、古代エジプト、古代ローマ、アジア、ヨーロッパ、中東など世界中の主要な地域と時代を網羅したコレクション。

時代と地域ごとのギャラリーもありますが、テーマ別(啓蒙時代、時計、貨幣、版画など)のギャラリーもあります。

 

収蔵品には大英帝国時代の植民地から持ち込まれたものも多く、「泥棒博物館」「強盗博物館」と言われたりもしています…笑

 

ギリシャ政府から何度も返還要求が出されていますが、

英国政府は「これほど貴重な人類の財産を前世紀から保存できる国がほかにあっただろうか」と言って、返還要求に応じないという…(;・∀・)

 

もちろん、「一か所に集められたからこそ研究が進んだ」「良い保存状態で現代まで残すことができた」など、大英博物館で保存されたからこそのメリットもあります。

 

 

入場料無料

こんなに豪華で壮大な博物館なのに、入場料は無料です。

世界中から博物館にやってくる観光客による寄付金とグッズの売り上げで運営しているのだとか

 

寄付のボックスが館内の入口にありました。

 

ロゼッタストーンのマウスパッド。面白いグッズがたくさんあったので後編でまとめています。

 

【Location】

Great Russell St, London WC1B 3DG

 

 

YouTubeに動画を投稿しています。よろしければご利用ください♪↓↓

 

 

博物館の歴史

医師で収集家でもあったサー・スローンが、世界各地から集めた71,000点以上のコレクションを国に遺贈したことが、大英博物館の起源です。

スローンが1753年に亡くなった後、彼のコレクションが世界初の国立博物館である「大英博物館」の基礎になりました。

 

自然史のコレクションは1880年にサウス・ケンジントンに移転(自然史関係の収集物を独立させ、自然史博物館が分館として設立)、

蔵書のコレクションは1997年に移転がありました。

現在の大英博物館の所蔵品は、古代人の石器から、21世紀の版画に至るまで800万点以上!

館内には70以上のギャラリーがあり、広範囲にわたり作品が展示されています。

 

 

コロナ対応

感染予防のため、入場制限がかかっています。(2021年10月現在)

事前予約をすることで、スムーズに入場することができます。もちろん事前予約をしても入場料は無料です。

公式HPから簡単に事前予約することができるので、事前予約することをおすすめします!!

 

コロナで海外からの観光客が減っているとはいえ、開館前にはこの大行列です(;’∀’) 予約していってくださいね~

 

 

 

古代エジプト

エジプト関連の展示エリアは、Room4,61~66。

解説をしっかり読みながら見て回ると、エジプトエリアだけでも2時間弱かかりました(;’∀’)

 

 

王の母タシェレネーゼ(紀元前570〜526年)

背面柱に刻まれたヒエログリフから、この像が第26王朝アマシス2世の母親であることが判明。

アマシス王は元々将軍でしたが、クーデターにより王位を奪取しました。退位させられた王は、バビロニア軍の支援を受けて王位を取り戻そうとしましたが、侵攻は阻止されました。

花崗閃緑岩でできているこの像、タシェレネーゼの頭飾りと額のコブラは王族の地位を表しています。