【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑦~

2022-05-04グルメ

 

お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します!

イギリス以外の国のビールについても紹介しています。

その⑦記事は、43~50番目のビールです。

 

美味しいビールを発見したら都度更新していくと思いますので、海外ビール好きな方はブログをちょこちょこ覗いてください(^^♪

 

 

英国といえばパブ。

夜はビールを片手にサッカー観戦しているお客さんで盛り上がっています。(夜だけでなく昼間もビールを飲んでいるお客さんでにぎわっていますが…)

 

イギリス国民から愛されるビール。

税率20%ですが、スーパーで販売されているビールは1.5£~3£(約200円~450円)と日本と変わらない価格帯です。

 

ラガービールなどはキンキンに冷やされていますが、エールビールなどの適温が10度~常温のビールは、常温の棚に陳列されています。

 

 

 

 

前回記事はこちら↓↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑥~

 

 

 

BrewDog  PLANET PALE

ブリュードッグ (BrewDog)は、2007年設立、スコットランドのエロンに拠点を置く独立系クラフトビールメーカーです。

独創的・挑戦的で枠にとらわれない多種多様なラインナップが魅力的。アルコール度数は55%のビールも販売しているそうですよ!(笑)

学生時代の友人同士である、ジェームズ・ワット(経営・マーケティング担当)と、マーティン・ディッキー(醸造担当)の2人で立ち上げたのだとか(;’∀’)

 

非上場企業ですが、主な資金調達を「Equity for Punks(パンク株)」という株式投資型クラウドファンディングから得ています。

2009年から2020年までに、12万人から約7300万ポンド(約95億円)の資金を調達し、急成長を遂げたという面白い経歴の醸造所です!

パンク株の株主は、経営上の意思決定に参与以外にも、オンラインショップや直営バーでの永久割引、限定醸造ビールの購入、バースデービールサービス、醸造所無料ツアー、フェスティバル形式の年次株主総会への招待など、様々な特典(優待?)が受けられるようです。

 

アルコール4.3%。柑橘系のフルーティな香り、後味はしっかりとした苦味があるペールエールです。

「サスティナブルで地球にやさしい」というテーマの元、地球のイラストのデザインになっているようです。

 

【エピソード】

2010年当時、英国のパブでビールの提供に使用できるグラスサイズは、フルパイント(568ml)、ハーフ(284ml)、1/3(189ml)と法律で定められていました。

しかし、ブリュードッグは2/3(379ml)サイズのグラスが最適であるとして、法改正を求めてイギリス議会に請願書を送り、見事2/3サイズのグラス(スクーナー)が認定されました。

 

 

 

BrewDog HAZY JANE

同じくブリュードッグ (BrewDog)のビール。

ニューイングランドIPA。無濾過のため濁って(Hazy)います。名前の由来は、イギリス人シンガーソングライターであるニック・ドレイクの曲「Hazey Jane」から。

アルコール度数は5%。パイナップル、マンゴー、ストーンフルーツなど、とにかくフルーティな香りが強いです!

甘く滑らかでジューシーな味わい。日本のラガービールのような、ビールの苦味が得意ではない人でも美味しく飲めるビールだと思います。

私(妻)のお気に入りのビールです(^^♪