【英国ビール】ブリュードッグ (BrewDog)のタップルーム

2022-03-22イギリス

 

イギリス、スコットランドに拠点を置く独立系クラフトビールメーカー「ブリュードッグ (BrewDog)」

日本の六本木にもビアバーがあります。

今回はロンドンにあるタップルーム(ビアバー)に行ってきましたので、店内の様子と各ビール銘柄をご紹介します。

 

 

【Location】142 Shaftesbury Ave, London WC2H 8HJ

 

 

ブリュードッグ (BrewDog)

ブリュードッグ (BrewDog)は、2007年設立、スコットランドのエロンに拠点を置く独立系クラフトビールメーカーです。

独創的・挑戦的で枠にとらわれない多種多様なラインナップが魅力的。アルコール度数は55%のビールも販売しているそうですよ!(笑)

学生時代の友人同士である、ジェームズ・ワット(経営・マーケティング担当)と、マーティン・ディッキー(醸造担当)の2人で立ち上げたのだとか(;’∀’)

 

非上場企業ですが、主な資金調達を「Equity for Punks(パンク株)」という株式投資型クラウドファンディングから得ています。

2009年から2020年までに、12万人から約7300万ポンド(約95億円)の資金を調達し、急成長を遂げたという面白い経歴の醸造所です!

パンク株の株主は、経営上の意思決定に参与以外にも、オンラインショップや直営バーでの永久割引、限定醸造ビールの購入、バースデービールサービス、醸造所無料ツアー、フェスティバル形式の年次株主総会への招待など、様々な特典(優待?)が受けられるようです。

 

 

タップルームの様子

イギリス各地にあるブリュードッグのタップルーム。今回はコヴェントガーデン駅近くのタップルームへ行ってきました。

 

タップルームとは?

タップルーム(TAPROOM)のタップはビールの注ぎ口・蛇口のことで、新鮮なビールを提供するビール専門バーです。

カウンターには、たくさんの種類のビールがあり、カスク・ケグといった様々な樽ビールを注文できます!

 

 

交差点にあるこちらのブリュードッグのタップルーム。

正面には、1891年にオープンしたパレス・シアター(Palace Theatre)があります。現在は舞台劇「ハリー・ポッターと呪いの子」を上演しています。