【英国ビール】ブリュードッグ (BrewDog)のタップルーム

2022-03-22イギリス

Mallow Laser Quest

アルコール度数6%のミルクシェイクIPA。

マシュマロのような甘い香りと、パイナップルのようなトロピカルな香りのhazy(かすんだ)IPAです。IPA特有の苦みが抑えられており、普通のIPAが苦手な人でも飲みやすいビールです。

 

 

JET BLACK HEART

アルコール度数4.7%のスタウト(黒ビール)。

なんとオートミールを加えることで、まろやかで豊かな口あたりにしているそうです。

 

 

Jack Hammer

アルコール度数7.2%のアメリカンIPA。

グレープフルーツのような柑橘系の香り、しっかりとした苦味のある後味が特徴的です。ワインのようにじっくり味わうビールかなと。

アマリロ、センテニアル、シトラ、シムコーといった柑橘系のアロマを持つ、似たようなホップをふんだんに使用して醸造されています。

 

 

Mr. President

アルコール度数9.2%のダブルIPA。

アプリコット、マンゴーのようなトロピカルな香りと松の香りの後に、しっかりとした苦味が残ります。

アルコール度数が高めですが、アルコール感を感じさせないほどの、複雑な香りと苦味です。

 

 

BrewDog  PLANET PALE

アルコール4.3%。柑橘系のフルーティな香り、後味はしっかりとした苦味があるペールエールです。

「サスティナブルで地球にやさしい」というテーマの元、地球のイラストのデザインになっているようです。

 

2010年当時、英国のパブでビールの提供に使用できるグラスサイズは、フルパイント(568ml)、ハーフ(284ml)、1/3(189ml)と法律で定められていました。

しかし、ブリュードッグは2/3(379ml)サイズのグラスが最適であるとして、法改正を求めてイギリス議会に請願書を送り、見事2/3サイズのグラス(スクーナー)が認定されました。

 

 

BrewDog HAZY JANE

ニューイングランドIPA。無濾過のため濁って(Hazy)います。名前の由来は、イギリス人シンガーソングライターであるニック・ドレイクの曲「Hazey Jane」から。

アルコール度数は5%。パイナップル、マンゴー、ストーンフルーツなど、とにかくフルーティな香りが強いです!

甘く滑らかでジューシーな味わい。日本のラガービールのような、ビールの苦味が得意ではない人でも美味しく飲めるビールだと思います。

私(妻)のお気に入りのビールです(^^♪

 

 

BrewDog Punk IPA

アメリカンIPAです。綺麗な黄金色で、グラスに注いで飲みたくなります。

アルコール度数は5.2%。

様々なホップ(Chinook, Simcoe, Ahtanum, Nelson Sauvin)を使用しており、グレープフルーツ、パイナップル、ライチなどのトロピカルフルーツのフルーツティーな甘い香りと、キャラメルの香りがします。

飲み始めはフルーツティーですが、後味は苦味がしっかり残ります。

 

 

Double Hazy

ニューイングランドIPAです。

オーツ麦と小麦で醸造され、無濾過のため、霞がかった(濁ったよう)見た目と、非常に滑らかな喉越しが特徴的です。

小麦が使われているということで、ヒューガルデンのような白ビールに似た見た目をしていますね。

 

アルコール度数は7.2%と高め。

パイナップル、マンゴー、ライムの香りで苦味は少ないです。フルーティーな香りで飲みやすく、アルコール度数がそこまで高くないように感じてしまう、美味しくて危険なビールです(;’∀’)(笑)

 

 

Triple Hazy

ニューイングランド・インペリアル・IPAです。

ピーチ、マンゴー、アプリコットなどの果実が熟したような、フルーティーな甘い香りとジューシーな風味。

アルコール度数は9.5%と高めですが、そのアルコール感を強く感じさせないほど、トロピカルな風味が強いです。

後味に残るほのかな苦味があります。

 

 

Lost Lager

アルコール度数4.5%の、ジャーマンスタイル・ピルスナー。

風力発電と、廃棄されるはずのパンを使って醸造されたビールです。

鮮やかなシトラスとハーブの香りがする数々のホップ(Select, Spalter and Saphir hops)を加えることで、爽やかでキレのあるラガーになっています。

 

 

 

以上、ブリュードッグのタップルームと各ビール銘柄紹介の記事でした。

日本の六本木にもビアバーがあり、日本にも輸入されているビールですので、気になる方はぜひ飲んでみてください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【英国ビール】ミーンタイム醸造所(Meantime Brewing Company)

 

【英国ビール】フラーズ醸造所見学ツアー(Fuller’s Brewery Shop & Tours)

 

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その①~