オーストリア・ウィーン おすすめお土産紹介

旅行

音楽の都、オーストリア・ウィーン。

そんなウィーンのおすすめのお土産をまとめてみました。

定番のザッハトルテ、モーツアルトのチョコレート、コーヒー、貴腐ワイン、バイオリンリキュールなど…ばらまき菓子・スーパーで気軽に買えるものまで、実際に購入・実食してみての感想と共に紹介します。

 

ザッハーの「ザッハトルテ」

オーストリアといえば、世界的にも有名な名物ザッハトルテ

チョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングしたケーキ。チョコレートケーキの王様ともいわれています。

お土産ショップでは、いろんなメーカーのザッハトルテを見かけます。意外と日持ちするのでお土産におすすめです。

 

特に有名なのは、ホテル&レストラン「ザッハー(Sacher)」のザッハトルテと、「デメル(DEMEL Vienna)」のザッハトルテです。2大ザッハトルテとして有名です。

 

ちなみに、2大ザッハトルテと言われる裏にはこんな背景があります。

 

料理人フランツ・ザッハが宮廷で出すスイーツとして考案したのがザッハトルテの始まりです。後に次男のエドゥアルトがホテル・ザッハーを開業し、ザッハトルテはそのレストランとカフェで提供されるようになりました。

しかし、その後にホテル・ザッハーが財政難に陥った際に、ウィーンの王室ご用達のケーキ店「デメル」が資金援助を申し出ます。その際に、代償として創業当初から門外不出だったザッハトルテのレシピを公開&ザッハトルテの販売権を渡してしまいます。

 

ホテル・ザッハー側が、デメルを相手取り商標使用と販売の差し止めを求めて裁判を起こしたものの、7年に及ぶ裁判の結果、双方にザッハトルテの販売を認める判決が下ったそうです。

 

今回、購入してみたのは、ホテル&レストラン「ザッハー(Sacher)」のザッハトルテです。

 

ウィーンの店舗の様子はこちら。シャンデリアという豪華な内装です。

 

空港の売り場にも、特設販売コーナーがある人気商品です。

 

有名店の名物ザッハトルテとだけあって、お値段はそれなりにしますね(;’∀’)

1辺4センチほどの立方体のケーキが3つ入りで、22.9ユーロ(約3,000円)です。ホールサイズもあります。色んなサイズの商品があるのは嬉しいですね。

 

 

ホールサイズは57.9ユーロ(約7,800円)です。

 

ザッハトルテの上には、「ホテル・ザッハー・ウィーン」の文字が入っています。

 

チョコレートと甘酸っぱいアプリコットジャムの相性が良く、ただの甘いチョコレートケーキではありません。

洋酒の風味がしっかりとしているため、子供ウケは良くない味かもしれません。大人向けのチョコレートケーキ、といった感じ。コーヒー、甘口ワインと一緒にいただきたいです♪

 

 

モーツァルト ミニクーゲルチョコレート

音楽の都、オーストリア・ウィーン。かの有名な世界的音楽家モーツァルトは、オーストリア出身です。

そのモーツァルトがデザインされたパッケージクーゲルチョコレートです。オーストリアお土産の定番商品です。

空港のお土産売り場でなくとも、街中にあるスーパーでも売っています。街中スーパーで買った方が少し安いです。

 

サイズ展開は幅広く、小さいものもありますので、ちょっとしたお土産にぴったりです。20個入り8ユーロほどの大容量サイズもありますので、バラマキ菓子に最適

マジパンクリームとヘーゼルナッツクリームをダークチョコで包んだ、丸くてかわいいチョコレートです。

 

 

ハインドル シシィチョコレート

オーストリアのチョコレートショップ、ハインドル(hiendl)のチョコレート菓子「ハインドル シシィチョコレート」。

1953年創業のオーストリア最大のお菓子業者で、シュテファン大聖堂の目の前にある店舗はウィーンの観光ガイドブックにも載っているほど有名です。

 

シシィとは皇妃エリザベートの愛称で、ウィーンの人々から今なお親しまれている愛称です。

チョコレート一つ一つに、肖像画がデザインされています。オーストリアっぽいお土産で、個包装されているので、こちらもバラマキ菓子におすすめです。

 

なめらかなミルクチョコレートで包んだ、程よい酸味のあるアプリコットフィリング。チョコレートの老舗ハインドル社の伝統の味です。

 

 

マンナーのウエハース(Manner Waffeln)

オーストリアのお菓子メーカー「マンナー(Manner)」のウエハース「マンナーシュニッテ(Mannerschnitte)」。こちらもオーストリアのお土産の定番です。

1890年シュテファン寺院の横に1号店が誕生して以来、観光客だけでなくオーストリアの人々にも愛されて続けています。

ピンクの包装が目立つので、お土産ショップですぐに目につきます。

 

サクッと軽い食感にウエハースに、たっぷりと挟まれた甘いヘーゼルナッツのクリームが美味しいです。海外のチョコレート菓子は甘すぎるイメージがありましたが、こちらはナッツの風味が香ばしくて美味しいです。

持つと、ずっしりとした重みがあります(;’∀’)それだけたっぷりとクリームが挟まっているということでしょうか。

味の種類は豊富で、レモンクリーム、コーヒークリームなど、いろんな味の商品が展開されています。

 

ウィーンの駅には、でかでかと広告が貼られています。