イギリスの食料品事情【駐在先でも食費節約できる?】

暮らし
この記事は約8分で読めます。

妻ゆーこです!

夫の英国駐在に帯同することになり、英国で数年暮らしていくことになりました。

夫の海外駐在に帯同する理由
妻ゆーこです。 夫の海外駐在が決定し、夫とは現在別々に暮らし、時差8時間の遠距離生活を送っています。さみしいです。。(´・ω・`) 2021年秋ごろから私も駐在先に行き、一緒に暮らす予定です! 「共働き」を...

 

そこで気になるのは、

 

英国って物価が高いイメージ…駐在手当により夫の給与はアップしたものの資産形成にブーストをかけられるかな?

 
 

家賃や光熱費も気になりますが、真っ先に気にしたのは食費です。

食費はコントロールしやすく、日本で2人暮らしているときは業務スーパーなどで買い物をして、普段の食事は節約していました。

浮いたお金でお休みの日のたまに美味しいものを食べに行く。

全体の支出は大きく変わらないかもしれませんが、お金を使うところのメリハリをつけることで満足度はかなりアップしました。

【節約・時短】おすすめ業務スーパー商品
ゆーこです。 今回は、実際に買ってよかったおすすめの業務スーパーの商品をご紹介いたします! 【業務スーパー商品をおすすめする理由】 安い 企業努力のおかげで一般的なお店より値段が安いです。...

 

今回は英国の、食料品は実際いくらぐらいか?を紹介します。

駐在やワーキングホリデーで英国暮らしをする方の参考になれば幸いです。

 

イギリスの消費税

日本の消費税に相当する付加価値税(VAT)という税がイギリスにはあります。

付加価値税(VAT)の税率は3種類あり、税率および該当する品目は次のとおりです。

 

区分 税率 適用品目
標準税率 20% ほとんどの商品やサービス
軽減税率 5% 家庭用燃料、電力、チャイルドシート、避妊用品など
ゼロ税率 0% 食料品(一部除く)、子供服、水道水、新聞、医薬品、居住用建物など

 

標準税率20%…たしかに日本の消費税より高いです(*_*;

 

外食は高い

ロンドンで人気の豚骨ラーメン屋さん「金田家」さん

ご飯時をずらしても、長蛇の列です。

こちらの豚骨ラーメン、一杯11£(1£=150円で計算すると1650円)

 

餃子は6£(900円)

 

ラーメン&餃子セットを食べると、2,500円はかかります。

実際にはさらにServise Charge12.5%がかかり、合計金額はもう少し高くなります…

 

外食は日本と比較すると高いです!

 

自炊は安い

高品質・高級路線の「成城石井」、お買い得な食品日用品を扱う「西友」など、スーパーによってターゲットにしている客層が違うように、

イギリスのスーパーも、品質・値段によって分けることができます

 

王室御用達のウェイトローズ(Waitrose)、高品質・高級な路線を行くマークス&スペンサー(Marks & Spencer、通称M&S)から、

お買い得感のある「テスコ(TESCO)」、「モリソンズ(Morisons)」

さらに安いドイツ系スーパー「Lidl」など…

 

品質・価格順に並べると以下のような感じでしょうか。

 

 

同じ商品、特に各スーパーの自社ブランドの製品を比べると、違いがよくわかります。

各スーパーの「ミンスパイ」を食べ比べたりしました↓↓

【イギリスのお菓子】ミンスパイ英国各スーパー食べ比べ
妻ゆーこです。 英国のクリスマスのお菓子で有名な「ミンスパイ(mince pie)」 先日スーパーで発見したので買ってみました。今回はミンスパイの歴史と、英国の各スーパーのミンスパイの食べ比べレビュー記事です。 ミンスパイとは...

 

反対に、全く同じ商品(例えば、heinzのケチャップなど)でも、スーパーによっては値段が大きく違ってくることもあります。

スーパーによって買うものを分けたりと、上手に使っていくとよいかと思います!

 

 

さて、本題の「イギリスで食費を節約できるのか?」についてです。

外食が比較的割高なので、スーパーに売っている食料品も高く、日々の食費も高いんだろうな…と思っていました。

 

が、食料品には付加価値税(VAT)がかからないゼロ税率なのです!

実際にスーパーに売っている食料品たちをみていきましょう。

 

 

フルーツ類

りんごは49p(約73円)

 

 

ぶどうは、500gで1.25£(約190円)

 

 

たっぷり入ってます。日本のぶどうと比べると実が少し硬いので。豚肉と一緒にローストしたりなど料理にも使っています。

 

 

Conference pears(ヨーロッパのナシの秋の品種)は4つ入りで、1.39£(約210円)

 

オレンジは5つで99p(約150円)

 

レモンは35p(約53円)。まとめ買い(3,4個ネットに入ったもの)はもっと安くなります。

 

イチゴは、たっぷり400gで1.75£(約280円)。

日本の高級ブランド苺ほどは、糖度は高くないですが、毎日のビタミン補給と考えれば安くて美味しくて最高です!

肌荒れ・風邪予防に食べています。

 

 

日本にいた頃は、私にとってはフルーツは高い食料品の一つ。頻繁に買えませんでした(;’∀’)

季節のちょっと美味しいフルーツをためらいもなく買えるようになりたいなぁと思いつつ、一人暮らし時代はケチな生活を送っていました。

(その生活のおかげもあり、25歳で現金資産1,000万円達成できたものの…)

【資産形成】25歳資産1,000万円達成
ゆーこです! 3年目社員25歳時点で、1,000万円貯金を達成しました! 現在4年目社員(2020年9月時点)の私の貯蓄額は、1,300万円弱です。 【楽天銀行の口座(2020年9月時点)】 楽天証券...

毎日朝食にフルーツを食べる生活に憧れていました…英国では節約として実行することができます!!嬉しい♪

 

きのこ

マッシュルームは300gで95p(約150円)

 

 

野菜

なんとニンジンは、1㎏で40p(約60円)

 

ジャガイモは、2.5㎏で99p(約150円)

 

アボカドは、1㎏で2.4£(約360円)

「wonky」と書かれた野菜やフルーツは、形が悪いために正規の値段より少し安いそうです。味は問題なし。

私、こういう商品大好きなんですよ~(満面の笑み)

wonkyはイギリス英語特有のスラングで「不安定、おかしい、真直でない、くらくらする、フラフラする」といった意味があります。

 

冷凍ブロッコリーは1㎏で80p(約120円)

 

新鮮な野菜が安いって幸せなことですね…(*_*;

冷凍野菜はさらに安い。

夫婦ともに糖質制限しているため、パスタやお米以外で安くお腹いっぱいになれるのは幸せです。

(じゃがいも料理ばかりにしたらさらに節約になるけど、糖質を考えるとそんなに大量に食べられない…)

 

 

セロリはなんとこれだけ入って49p(約75円)

ビタミン・食物繊維豊富で美容に良いセロリ、こんなに安く買える節約食材とは…女性にとってはかなり嬉しいです。

 

 

アスパラガスは250gで99p(約150円)

東京のスーパーだと倍ぐらいの値段です。大好物なので安く手に入るのはうれしいです(*’▽’)

 

 

 

卵・乳製品

卵は15個入りで1.79£(約270円)

ちなみに、写真の卵のパック、左上の赤いライオンマークが付いていれば生で食べることができます(*’▽’)

 

成城石井で1,000円以上で売られているこちらのチーズ。

英国では2£(約300円)です。日本ではたま~にご褒美として購入していたチーズが、英国では安い&さっと用意できるおつまみに…!

これでワインのおつまみには困りません!(歓喜)

 

 

本場英国のクロテッドクリーム、創業120年「Rodda’s」のクロテッドクリームです。

日本で買うと113gで1,000円弱しますが、その6分の1の値段で買うことができるのは嬉しいです。

 

 

モッツアレラチーズは125gで45p(約68円)

 

バターは、250gで1.49£(約223円)

日本の相場が200gで430円とのことなので、半額以下。

 

牛乳は、6パイント(3.4リットル)で1.6£(約240円)。1リットルあたり70円くらいですね。

日本では1リットルの牛乳パックが160円くらいでしょうか。

牛乳大好きなので、日本の半分以下の値段でごくごく飲めるのはかなり嬉しいです!

 

鶏モモ肉は1キロあたり1.99£(約300円)。

 

豚肉は、1㎏あたり5.36£。100gあたり約80円ほど。こちらは日本とあまり大差ないでしょうか。

 

300gで1.3£(約195円)なので、65円/100g。日本での相場は173円/100gです。

ケチな私にとってベーコンは高級品だったので、そんなに頻繁に買っていませんでしたw

それを頻繁に料理に使えるようになるとは…(歓喜)。

 

パン・お菓子類

食パンコーナーで一列の陳列棚(30mくらい)があるくらい、種類豊富です!

 

一斤よりも少し大きいくらいのカット済みの食パン。しかも全粒粉やクルミ入りのパンもあります。

それが1.1£(約165円)

そしてこの安さからは考えられないくらい、美味しいです!

 

プライベートブランドのものだともっと安く、これだけ入って59p(90円くらい)です。2人暮らしでも1週間以上はもちます。

 

 

こんなに大きいスコーンが4つで1£(約150円)!そして美味しい!

英国料理の美味しさは……ですが、パン・ケーキ・お菓子に関しては日本よりも安く、そしてお値段以上の美味しさだと思います。

甘党の人にとっては、英国暮らしは楽しいものになりそうですね。

 

 

小麦粉は1.5㎏で、60pです!

バターも砂糖も安く、お菓子作りが大好きな人にとっては最高な国かもしれません。

 

 

以上、英国のスーパーの食料品事情でした。

実際に夫婦二人で暮らしてみて、一か月の食費はいくらぐらいになるのか?については、料理とその値段も踏まえつつ別記事にまとめようと思います!

外食費用は高くとも、自炊費用についてはおそらく日本に住んでいたころとあまり変わらないような気がしています。

 

ゆくゆくは料理動画をYoutubeやInstagramで発信したいな~と考えています。

私はおしゃれセンスが無いので、ばえるようなものは期待できませんが…(;’∀’)

美味しければOK、の精神でこれまで通り自炊していきます。

 

【イギリスで安く自炊】美味しく健康に食費節約&レシピ紹介
妻ゆーこです。 夫の英国駐在に帯同し、現在夫婦2人で英国暮らしを送っています。 駐在パワーにより、世帯年収は日本で共働きしていた頃よりも増えました。 ですが、「イギリスって物価が高いだろうし、結局帰国する頃にはたい...

 

↓各SNS(Youtube、Instagramなど)のアカウントは以下のリンクツリーより

linktr.ee/pawatama

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました