【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑰~

2022-08-27グルメ

 

お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します!イギリス以外の国のビールについても紹介しています。

前回記事までに、たくさんの銘柄を紹介してきました。今回その17記事は、133~140番目のビールです。

 

美味しいビールを発見したら都度更新していくと思いますので、海外ビール好きな方はブログをちょこちょこ覗いてください(^^♪

 

 

英国といえばパブ。夜はビールを片手にサッカー観戦しているお客さんで盛り上がっています。(夜だけでなく昼間もビールを飲んでいるお客さんでにぎわっていますが…)

 

イギリス国民から愛されるビール。

税率20%ですが、スーパーで販売されているビールは1.5£~3£(約200円~450円)と日本と変わらない価格帯です。

 

ラガービールなどはキンキンに冷やされていますが、エールビールなどの適温が10度~常温のビールは、常温の棚に陳列されています。

 

 

 

前回記事はこちら↓↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑯~

 

 

 

 

Greene King IPA

イングランドのサフォーク州を拠点とするグリーン・キング・ブルワリー (Greene King)のビールです。

ビールメーカーでもありながら、パブ、レストラン、ホテルなども経営しています。2019年に買収されるまでは、ロンドン証券取引所に上場していました。

アルコール度数3.6%のIPAです。

爽やかで飲みやすく、ドライな後味が特徴です。クリスタルモルトのキャラメルのような甘い香りと、ブラックモルトの程よい渋みがあります。

1本500ml、99pと比較的安いです。

 

 

 

ESB

1845年創業の英国ビール醸造所「フラーズ醸造所(Fuller’s Brewery)」のビールです。

元々は家族経営の小さな醸造所でしたが、今では380軒以上のパブやホテルを経営する大企業です。

アルコール度数5.5%のストロングビタービール。

マホガニー色の強いフルボディのエールで、まろやかな苦味と満足感のある後味が特徴です。

ペールエールとクリスタルモルトで醸造されたこのビールは、ワールドチャンピオンビール賞を2度受賞し、「チャンピオンエール」というニックネームで呼ばれています。

 

フラーズ醸造所にはビール工場見学に行ってきました↓↓

【英国ビール】フラーズ醸造所見学ツアー(Fuller’s Brewery Shop & Tours)

 

 

 

1845

同じく、英国ビール醸造所「フラーズ醸造所(Fuller’s Brewery)」のビールです。

アルコール度数6.3%の、ストロングエールです。

フラーズ醸造所の創業開始の年を名前につけたこのビール「1845」は、強く豊かな味わいのビール。

このビールは発売前に100日間熟成され、ボトルコンディショニング・エールとして瓶の中に生きた酵母が残っており、

出荷された後も未開封のままであれば、熟成が続き風味が変わっていくそうです。

甘いフルーツケーキのような香りとフルーティーな味わい、ドライな後味が特徴です。

 

 

 

M&S Belgian Cherry Wheat Beer

イギリスのスーパー「マークス&スペンサー(M&S)」で販売されているビールで、醸造元は1906年創業のベルギーの有名な醸造所「Huyghe Brewery」です。

アルコール度数3.5%のフルーツビール。チェリー果汁が入っている小麦ビールです。

受賞歴のあるフランダース地方の「Huyghe Brewery」がM&Sのために特別に醸造した、チェリーの風味が爽やかなフルーティーなビールです。

小麦ビールをベースに、グリオットチェリーの果汁を加えて作られています。

甘酸っぱく、ビールっぽさはあまり感じません。ビールのモルト感・苦味が得意でない人でも美味しく飲めるかと思います。

 

 

 

Greenwich Winter Spiced Porter

同じく、イギリスのスーパー「マークス&スペンサー(M&S)」で販売されているビールです。醸造元はロンドンのグリニッジにある「ミーンタイム醸造所(Meantime Brewing Company)」です。

アルコール度数5.5%の、ポーター(黒ビールの一種)です。

バランスのとれた伝統的なロンドンポーターに、香り高いシナモンとオールスパイスがブレンドされています。「冬のビール」といった感じでしょうか。

英国産ホップが使用されています。

 

醸造元の「ミーンタイム醸造所」については、こちらの記事にまとめています。ビール工場見学ツアーに参加してきました。

【英国ビール】ミーンタイム醸造所(Meantime Brewing Company)

 

 

 

 

Fourpure Session IPA

ロンドンにあるフォーピュア醸造所(Fourpure Brewing Co)のビールです。2013年創業、工業団地バーマンジーでビール醸造を行っています。

アルコール度数4.2%のセッションIPAです。

トロピカルな風味で、後味にはホッピーさがしっかりと残ります。

 

 

 

Baby-Faced Assassin

イングランド、ノースヨークシャー州にあるルースター醸造所(Rooster’s Brewing Co)のビールです。

1993年創業、ワールドビアカップで金賞を受賞するなど数多くの受賞歴があります。

アルコール度数6.1%のアメリカンIPAです。

この「ベビーフェイス・アサシン」は、マンゴー、アプリコット、グレープフルーツなどの香りと苦味があるシトラホップ100%で醸造されています。

じっくり味わえるトロピカルな味わいのビールが好きに人におすすめです。

 

 

 

Schiehallion

スコットランドのハーヴィストゥーン醸造所(Harviestoun Brewery)のビールです。

「シェハルイオン」は、アルコール度数4.8%のラガービールです。

使用するモルトの約80%は、地元の農家で生産されたものだそうです。”Challenger”や”Styrian Goldings”といったホップを使用しています。

シャキッと爽やかなグレープフルーツの風味です。

 

 

次回記事、その18に続きます!

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑱~

 

その他、ビール関連の記事はこちら↓

【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその①ー

 

【ロンドン観光】テムズ川のビアクルーズ(The London Craft Beer Cruise)

 

【英国ビール】ミーンタイム醸造所(Meantime Brewing Company)

 

【イギリスの赤提灯】英国パブに行ってきました