【ロンドン観光】オペラ座の怪人@ハー・マジェスティーズ・シアター

イギリス

 

今年で公演35周年をむかえたロンドンのハー・マジェスティーズ・シアター(Her Majesty’s Theatre)の「オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)」

実際に行ってきましたので、劇場内の様子・作品「オペラ座の怪人」について紹介していきます。

 

 

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera

 

この有名なメロディー、オペラやミュージカルに詳しくない人でも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

代名詞とも言えるこの劇中歌は「オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)」、劇のタイトルと同じです。

作曲は、ミュージカル「キャッツ CATS」を手がけたイギリスの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー (Sir Andrew Lloyd-Webber/1948-)

オペラ座の怪人はアンドリュー・ロイド・ウェバーの最高傑作と呼ばれています。

 

19世紀末のパリのオペラ座で、神出鬼没の怪人によって次々と起こされる殺人事件

そのオペラ座の若手歌手のクリスティーヌに、怪人が恋をする。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢される。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。

だが、その直後、怪人の魔力に魅せられたクリスティーヌが地下深くへ連れ去られていく…

 

 

ストーリーがわかりやすく、劇中歌も有名な曲が多いです。ざっくりとしたあらすじを知っていれば英語リスニング力に自信がなくとも、楽しみやすい作品だと思います。

 

ロンドンの由緒正しい劇場、ハー・マジェスティーズ・シアター(Her Majesty’s Theatre)で1986年から現在まで、ロングラン上映されています。

当初のヒロイン役として抜擢されたのは、アンドリュー・ロイド・ウェバーの妻サラ・ブライトマン。当時ミュージカル俳優としては無名でしたが、この役がきっかけで世界のトップスターとなりました。

 

 

作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー

かつてミュージカルといえば、ニューヨークのブロードウェイが独壇場でした。今では、イギリスの作品がブロードウェイでミュージカル公演されるように。

なぜここまでイギリスの作品が世界中から注目を浴びるようになったのか。それは作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーの存在が大きいと言われています。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」でデビュー、「キャッツ」「エビータ」と立て続けに世界的大ヒットを叩き出し、「オペラ座の怪人」で才能を発揮。イギリスのミュージカルの黄金時代を築いたといっても過言ではありません。

 

その他イギリス演劇の立役者として、「レ・ミゼラブル」「キャッツ」で高い評価を受けたトレヴァー・ナン監督やキャメロン・マッキントッシュプロデューサーがいます。

様々な人種が集うロンドンだからこその迫力ある歌とダンスです。

 

 

ハー・マジェスティーズ・シアター Her Majesty’s Theatre

“Her Majesty"は「女王陛下」という意味。ハー・マジェスティーズ・シアター(Her Majesty’s Theatre)は、その名にふさわしい歴史と特別な雰囲気がある劇場です。

1705年に設立。何度か火災があり、現在の建物は1869年に再建されたものです。

当初は"Queen’s Theatre"という名前でしたが、女王から王に、王から女王へと君主の性別が変わるたびに劇場の名前も変更していたそうです。

エリザベス2世が即位されるまでは、"His Majesty"という名称だった由緒ある劇場。

現在に至るまで、オペラやミュージカルの傑作を上演し続けています。一度はここで「オペラ座の怪人」を観たい!と思うような劇場です。

 

ロンドンの繁華街、劇場街でもある「ピカデリー・サーカス」にあります。

 

【Location】

Haymarket, St. James’s, London SW1Y 4QLx

 

真正面にはシアター・ロイヤル・ヘイマーケット(Theatre Royal Haymarket)

1720年にオープンした300年の歴史を誇る劇場です。さすがピカデリーサーカス周辺、少し歩けば由緒ある歴史的な劇場ばかりですね(;’∀’)

名高い建築家ジョン・ナッシュによって、建てられた芸術的な建物です。オスカー・ワイルドの作品をはじめ、数々の名作が上演され続けています。

 

 

座席部分はこじんまりとした印象です。傾斜があり、階段を降りるときは気を付けないといけません。

 

 

 

 

座席は4階あり、それzれ以下の通り名前があります。

1階席:ストールズ(STALLS)
2階席:ロイヤル・サークル(ROYAL CIRCLE)
3階席:グランド・サークル(GROUND CIRCLE)
4階席:バルコニー(BALCONY)

 

我々の今回の座席、Grand Circleの上には‘Balcony席が見えます。

 

舞台間近横には何やら特別な雰囲気の席が…(;’∀’)

座席は細かく10段階くらいに分けれています。一番チケット代が安いバルコニー席(22£)から、舞台を間近で観ることができる1階席の舞台正面席(165£)まで幅広い価格帯です。

 

豪華な内装、壁の装飾が美しいです。

 

天井も綺麗です。照明のおかげもあってか、きらびやかな印象です。

 

座席の後部には飲み物・軽食を販売しているバーがありました。ビール、ウイスキー、ジン、シャンパン、カクテルなど種類豊富なお酒が販売されています。

お酒を飲みながらオペラ鑑賞って、なんて贅沢なんでしょう…(*_*;

 

バー近くのブースで立ち飲みすることもできるようです。

 

レゴブロックで劇場を再現したものがありました。

 

飲み物(ワイン)も準備して、オペラ鑑賞の準備は万端!開演です。

 

女性のお手洗いはかなり混雑するため、時間に余裕をもって行っておくことをおすすめします。

オペラは初体験の我々夫婦。お芝居と生演奏、そして3階席の奥にいてもド迫力の歌声に圧倒されました!(;’∀’)

会場の全方位にあるたくさんのスピーカーがあり、怪人の声が聞こえるシーンではまるで怪人が会場をグルグルと回っているように感じました。

 

閉演後の会場は、作中に登場するあのシャンデリアが天井の位置に。シャンデリアの存在感、照明もあってか開演前とはまた違った雰囲気になりました。

きらびやかな舞台をバックに記念撮影する人ばかり。

観客がいなくなって座席の様子がよくわかるようになりました。日本の映画館と変わらないくらいの座席の幅。

 

閉演後のお土産売り場、こちらも美しいです。劇場はどこを見てもキラキラ、豪華な装飾ですね。

オペラ座の怪人のパンフレット・マグカップ・水筒など、ファントムの仮面のロゴが入ったお土産がたくさん販売されていました。

 

暗くなりライトアップされた劇場。夜見るとまた違った印象です。

 

劇場からの帰り道に、この面白いパブの立て看板を発見。どちらに分岐しても「飲んでいけよ!」もなるガバガバチャート…(;’∀’)

1杯飲んで帰ることにしました。

 

Mulled wine(マルドワイン)、またはグリューワイン。

赤ワインにシナモンやクローブなどのスパイス、蜂蜜やオレンジなどを加えて煮込んだホットワインです。ヨーロッパのクリスマスの頃の伝統的な飲み物です。

 

飲みながら、オペラ座の怪人の感想で盛り上がります(^^♪

まだ11月でしたが、パブはすっかりクリスマスの雰囲気ですね。

 

 

劇団四季の「オペラ座の怪人」よりは、チケットは取りやすいかなぁと思います。

一度は本場のハー・マジェスティーズ・シアター(Her Majesty’s Theatre)で、観てみたい「オペラ座の怪人」。ロンドン観光の際はぜひお立ち寄りください♪

 

 

その他ロンドン観光記事↓↓

【写真で紹介】大英博物館(The British Museum)

 

【ロンドン観光】ウェストミンスター周辺を写真で紹介

 

【ロンドンパブ】シャーロックホームズ(The Sherlock Holmes)のパブ