【ロンドン観光】科学博物館(Science Museum)

2022-02-08イギリス

 

ロンドンにある入場料金無料の科学博物館Science Museum)」

当時の蒸気機関が展示されていたりと、「さすが産業革命の発祥の地!」と思うほど、産業部門の展示エリアは充実しています。

そんな科学博物館に行ってきましたので、見どころなどを写真と共にご紹介します!

 

【Location】

Exhibition Rd, South Kensington, London SW7 2DD

 

 

科学博物館(Science Museum)

サウス・ケンジントンにある、サイエンス・ミュージアム(Science Museum)。

イギリスのロンドンにある国立科学産業博物館(National Museum of Science and Industry)に属する科学博物館です。

地下1階から3階までの5つのフロアからなり、様々なテーマの展示をしています。

産業革命当時の蒸気機関や宇宙飛行関連の展示はわかりやすく(悪く言ってしまえばお子様向き感がある)、なかなか面白いです。

医療科学発展の展示エリアは、生々しい標本がずらりと並び大人向けの展示。子供から大人まで楽しめる博物館です。

 

展示ジャンルも展示面積もかなり広いため、大英博物館と同様、一から順番に観ていくよりも自分の興味あるジャンルのエリアに直行することをおすすめします!

 

 

 

実際に行ってきました

最寄駅はサウス・ケンジントン駅です。

 

駅周辺には評判の良いカフェやベーカリーがいくつかあるため、モーニング・ブランチをそこで楽しんでから博物館に向かうのもおすすめです(*’▽’)

 

 

 

目の前で生ハムを切り出して、サンドイッチにしてくれるお店もあります。

ワイン、白ビールが飲みたくなってしまいます…(*_*;

 

 

駅から科学博物館へ向かう途中には、他の博物館がいくつかあります。

ロンドンの博物館巡りをするとなると、サウスケンジントンは何度も訪れることになると思います!

 

自然史博物館(Natural History Museum)

世界中から集められた動植物の標本はなんと4億点!外観も内容も凄まじいです。

 

 

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)

通路の全長約13㎞という大規模な博物館です!

 

 

科学博物館に到着しました。入場料無料ですが、オンラインで事前予約が必要です。

 

開演10時前には、すでに入場を待つ人々の行列ができています。

 

 

チェックインカウンターで、メールで送られたチケット(QRコード)をスキャンして入場します。

 

入場料無料とはいえ、寄付は大歓迎。館内のいたるところに寄付ボックスがあります。

 

フロアマップはこちら。1階は、イギリスでは0階(グランドフロア)です。

軽食が取れるカフェもあります。

 

天文学、気象学、生化学、電磁気学、航海学、航空学、写真など展示しているジャンルは多岐にわたります。

有名な展示品は、ガリレオ・ガリレイの望遠鏡、最古の蒸気機関車、グラハム・ベルの世界初の電話などがあります。

迫力ある映像を楽しむことができる「IMAXシネマ」(有料)、3Dディスカバリー・モーション・シアターなど、展示されているものを観て歩いてまわるだけでなく、体験型の展示もあります。

また、別途有料にはなりますが、特別展なども開催されています。