イギリスの酒税は?日本と比較してみました

イギリス生活
この記事は約5分で読めます。

 

英国暮らしをすることになり、ウイスキーやビールなどの欧州のお酒は、日本より安く手に入るものだと期待していました…。

しかし、イギリスのアルコール類は高い

お酒の値段・酒税を、イギリスと日本で比較してみました。

 

イギリスの酒税は?日本と比較してみた

イギリスでは、お酒の種類、そしてその中でさらにアルコール度数によっても税率が異なります。

英国政府のサイトから、各アルコール類の酒税をチェック。以下、まとめてみました。

2022年現在の税率・レートで計算しています。

 

ビール

イギリスで、ビールにかかる酒税はこちら。

アルコール度数 アルコール度数1%・1リットルあたりの税金
1.2~2.8% 8.42ペンス
2.8~7.5% 19.08ペンス
7.5%以上 24.77ペンス

アルコール度数5%のビールを購入した際の酒税は、1リットルあたり、19.08ペンス×5.0=95.40ペンスです。

1ポンド=160円で換算すると、153円/リットル

日本でビールにかかる酒税は、155円/リットル。1リットルあたりわずか2円、イギリスでビールを飲んだ方が安いです。

 

現在2022年6月の円安の状況で計算すると、そこまでお得感がありませんね(;’∀’)

とはいえ、日本政府はビール酒税の税率を徐々に引き上げる?とも言われているため、数年後には大きな開きがあるかもしれません。

 

それにしても、アルコール度数によって細かくビールの酒税が決まるのはおもしろいですね。

アルコール度数1%ほどのビールもあれば、アルコール度数15%のストロングビアがあったりと、ビールのアルコール度数も種類も豊富なイギリス

日本のようにビールの種類が少なく、ビールの税率が一括りに決められるものではないということでしょうか。

 

 

イギリスはビールの銘柄が多く、新しいビールを見つけたは飲んでいます。つい最近、飲んだ海外ビール100種類を達成しました!♪

こちらの記事で紹介しています↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その⑬~
お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します! イギリス以外の国のビールについても紹介しています。 前回記事までにたくさんの銘柄を紹介してきました。今回その13記事は、102~110番...

 

 

サイダー(シードル)

りんごから造られるお酒であるシードルを、イギリスではサイダー(Cider)と呼びます。

サイダーにかかる酒税はこちら。度数だけでなく、炭酸あり(Sparkling)か炭酸なし(Still)によっても税金は異なります。

炭酸 アルコール度数 1リットルあたりの税金
1.2~6.9% 40.38ペンス
6.9~7.5% 50.71ペンス
7.5~8.5% 61.04ペンス
1.2~5.5% 40.38ペンス
5.5~8.5% 288.10ペンス

アルコール度数5%のサイダー(炭酸有)を購入した際の酒税は、1リットルあたり、40.38ペンスです。

1ポンド=160円で換算すると、65円/リットル

同じアルコール度数5.0%のビールを英国で購入した場合の、153円/リットルと比べると安いです。

イギリスでは、ビールより断然サイダーの方が酒税は安いです。

 

 

ワイン

ワインにかかる酒税はこちら。こちらもサイダーと同様に、炭酸あり(Sparkling)か炭酸なし(Still)によっても税金は異なります。

炭酸 アルコール度数 1リットルあたりの税金
1.2~4.0% 91.68ペンス
4.0~5.5% 126.08ペンス
5.5~15% 297.57ペンス
15~22% 396.72ペンス
5.5~8.5% 288.10ペンス
8.5~15% 381.15ペンス

アルコール度数12%スパークリングワインを購入した際の酒税は、1リットルあたり、381.15ペンスです。

1ポンド=160円で換算すると、610円/リットル

日本でワイン、つまり醸造酒類の果実酒にかかる酒税は、90円/リットル。イギリスのワイン税は、日本の6.7倍です…(;’∀’)

格安航空の数千円のチケットで、イタリアまで行って飲んだ方がお得な気がしてきました(笑)

 

 

スピリッツ類(ウイスキー、ジン、ラムなど)

ウイスキー、ジン、ラムなどのスピリッツにかかる酒税は、純アルコール1リットルあたり28.74ポンドです。

アルコール度数40%のウイスキーを購入した際の酒税は、1リットルあたり、11.5ポンドです。

1ポンド=160円で換算すると、1,840円/リットル

酒税だけで、そこそこ美味しいウイスキーのボトル一本を買えてしまいますね(*_*)

 

日本で、アルコール40%のウイスキーにかかる酒税は、400円/リットル。イギリスは、日本の4.6倍です。

 

ウイスキーを買って飲む分には日本の方が酒税は安いですが、イギリスでは蒸留所見学ツアーに参加できるというメリットがあります!

樽出しそのままのウイスキーを飲ませてもらったりと、なかなか日本ではできない経験ができました(^^♪

 

スコッチウイスキーの蒸留所見学ツアーの様子はこちらの記事に↓

【スコットランド】グレンキンチー蒸留所(Glenkinchie Distillery)【ウイスキー蒸留所見学】
スコットランドにあるグレンキンチー蒸留所を見学してきました! ウイスキーが絶品だったのは当然として、自然と調和した蒸留所がとても美しかったです。 グレンキンチー蒸留所(Glenkinchie Dist...

 

 

 

以上、イギリスの酒税、日本との比較を紹介しました。

ビールならイギリス、ウイスキー・ジンは日本で買うのがよさそうですね(;’∀’)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

お酒好きな我々夫婦、イギリスのジン・ビール・ウイスキーの工場見学ツアーや、ビアフェスティバルに頻繁に行っています。

ブログ記事やYouTube動画で紹介していますので、よろしければご覧ください(^^♪

【シティオブロンドン】ジンの蒸留所ツアー
イギリスのお酒と言えば「ビール」「ウイスキー、スコッチ」のイメージがありますが、実はジンも美味しいです! 今回は数々の受賞歴があるロンドンの小さな蒸留所「シティ・オブ・ロンドン(City of London)」の見学ツアーの様子を紹介...

 

【イギリスのビール祭り】Wandsworth Common Spring Beer & Cider Festival~その①~
たくさんの種類のクラフトビールがあるイギリス。 そんなイギリスで開催される、春のビアフェスティバルに行ってきました。 チケット料金・会場の様子・ビールについて、写真と共に紹介します! W...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました