【英国紳士の高級老舗傘屋】ジェームズスミス&サンズ(James Smith&Sons)

2022-01-12イギリス

 

英国紳士のアイテムの一つ、ステッキ・傘

品質が良くかっこいい大人の男性が持つ、一生ものの傘が欲しい方におすすめ、

1830年創業のロンドン屈指の老舗傘屋の「ジェームズスミス&サンズ(James Smith&Sons)

お店を訪れてみましたので、店内の様子と共にご紹介します。

 

 

【Location】

Hazelwood House, 53 New Oxford St, London WC1A 1BL

 

 

英国ブランドの傘

 

英国ブランドの高級傘と言えば、Fox Umbrellas (フォックス・アンブレラズ)などが日本でも購入できて有名ですね。

はじめて傘の生地にナイロンを使用し、職人さんによるハンドメイドで年間15,000本ほどしか生産されないと。

 

 

以前は英国紳士はあまり傘をさす習慣がなかったのだとか。

当時、傘は「女性が使うもの」というイメージが強く、男性がさそうものなら「フランスかぶれ」などと揶揄されることもあったらしいです。

 

傘は振って辻馬車を呼び止めるもの、パブで立ち飲みする際に寄りかかって姿勢がよく見えるなど、

雨に濡れないようにするためのものというよりは、着飾るもの・アクセサリーのような使い方だったそうです。

 

 

 

お店の歴史

 

同じくハンドメイドの高級傘で有名なジェームズスミス&サンズは、1830年に創業したロンドンの傘屋。ロンドン最古の傘店らしいです。

Tottenham Court Road駅が最寄駅、New Oxford Street沿いに店舗を構える老舗です。

以前は複数店舗があったようですが、第二次世界大戦中の空襲で破壊され、ニュー・オックスフォード・ストリートの店舗だけが残りました。

 

 

傘の曲がった持ち手は紳士がステッキのように傘を持てるように、とこの店が考案したものだとか…(;・∀・)

傘って杖みたいに使いやすく、小学生の頃そのように使って怒られた記憶があるのですが、

そもそも杖のように持てるように目的としたデザインだったのですね…

 

 

お店の外観・内装

 

お店の内装・外観はヴィクトリア朝時代から変わらないのだそうです!

今ではロンドン中心部のランドマークのひとつになっており、ブラックキャブのタクシー運転手や地元の人々から「アンブレラショップ」と呼ばれています。

 

 

 

クラシカルな雰囲気の紳士傘から、カラフルな傘、女性用の傘、現代風の折り畳み傘まで

様々のタイプの傘がディスプレイされていますね~

 

 

 

趣あるお店の外観に圧倒され、「絶対、高いやん…(;・∀・)」と外から眺めてるだけの私(妻)をよそに、

夫はおかまいなしに堂々と入店していきます…

 

 

 

ゆーこちゃん(妻)も早く入ってきなよ!店内も素敵だよ!

 

 

 

ちょっと待って!(;・∀・)
こんな来る人を選ぶような高級店に堂々と入る心の準備が…

 

 

 

店内の内装も素敵です!

入店したとたんに、古い木造の建物独特のにおい。五感で「ジェームズスミス&サンズ」の歴史を感じさせられます…

こちらの店の地下の工房で、職人さんの手作りで傘が作られているらしいです。

 

 

 

 

 

 

傘だけでなくステッキも種類豊富。

持ちての部分は好みのものに取り換え、長さも調整可能です。

 

 

 

こちらのゴツゴツとした木の持ち手の傘は、杖として使うことも考慮しているため強度はバッチリだそうです。

こんな趣ある傘に自分の名前でも彫れば、だれも盗まなさそうです…(;・∀・)笑

 

 

 

こちらはSeatsticks

座ることもできる杖です。かつての英国貴族・英国紳士は狩猟・ゴルフの時に使用していたのだとか…

いまでもゴルフの際に使用したり、長い散歩やスポーツ観戦の際に使う人もいるらしいです。

 

若い時に買った品質の良い傘を大事に使い続け、歳を取ってからこのシートステッキに作り替えてもらう…なんてこともしてもらえるんでしょうかね♪

何十年も支え合う相棒、なんだか渋くてかっこいいです!

 

 

味のあるショーケースに入った杖の数々…

持ち手部分だけでもたいくさんのタイプがありますね~目移りします!

 

持ち手の部分が曲がっているクルックハンドル、鳥や動物の頭をかたどった彫刻のアニマルヘッドハンドル、丸い突起がついているポンメルハンドル

魔法が使えそうです…(;・∀・)

 

 

 

 

 

傘は425£(約63,000円)のクラシカルな高級傘から、30£(約4,500円)の折り畳み傘まで取りそろえてありました。

杖に至っては、2,500£(約375,000円)もする希少なパイソンの皮を使用した杖から、30£の軽くて丈夫・折り畳み可能な杖まで…!(*_*;

材質も価格帯も幅広いです。

 

他に取り換え可能な持ち手部分の紹介、注文したらどれくらいで完成するか、傘のお手入れの方法など

こんな風格がない20代夫婦のために、店員さんが丁寧に説明してくださいました(*_*;

 

 

フォックスアンブレラズなどの高級英国ブランド傘は、日本の百貨店で手に入れることができますが、

こちらのジェームズスミス&サンズ(James Smith&Sons)の傘は現地ロンドンでしか購入できません!

 

一生もの傘をお探しの方、ロンドン旅行の際はぜひ立ち寄ってみてください~

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。