【四川料理】飄香 麻布十番駅(給付金で食べたい)

グルメ

 

伝統的な四川料理をいただけるお店の紹介です。

四川料理ということで、スパイシーな香辛料を使った料理が多いです。

 

伝統的な四川料理は食べたことがなかったので貴重な人生経験になりました。

 

コロナが落ち着いた秋・冬ごろに、給付金10万円を美味しいごはんに使いたい!

という方の参考になれば幸いです。

 

中國菜 老四川 飄香(ピャオシャン)

麻布十番駅から徒歩3分ほど。地下一階にあります。

中華料理は普段食べても、四川料理だけをコースで食べることはあまりなかったため楽しみにしていきました。

 

中国に渡り修業したオーナーシェフ・井桁良樹氏がつくりあげるのは、伝統的な四川料理を日本人の感性を通し表現する【飄香】ならではのメニューの数々。

とくに、香りの核となる香辛料使いが評判で、時にスパイシーに、時に芳醇に食材にまとい、その魅力を引き立てます。そんな香辛料の買い付けと四川料理を学ぶため、井桁氏は年3~4回も四川に渡るそう。その根底にあるのは「四川で感動したものを日本のお客さまにも体感してほしい」という強い思い。

真摯に料理と向き合い続けるシェフによって、店に訪れるたびに四川料理の新たな世界と出合うことができます。

 

食べログの評価は3.86と人気のお店です。

 

コース料理

今回は22,000円のおまかせコースで予約しました。

20品ほど出てきたと思うのですが、なにせこの時はまさか自分がブログを書くとは思っておらず、

すべてのお写真は撮っていませんでした( ;∀;)

 

席に案内されると、完璧にセッティングされています。

緊張してきますね。これから四川料理を食べるぞ!という心構えが整います。

食器も素敵です。

 

【開席盤(かいしーぱん)】

スパイスとお砂糖をからめたクルミ ・カシューナッツ、

豆腐を発行させたものと四川伝統揚げ菓子です。

 

 

【椀】

ジュンサイと枝豆が入っています。優しいお味。

胃を開かせる?効果があるとのこと。最初にお出しする料理なのですかね。

 

 

【鵞肝春巻】

フォアグラの春巻きです。鵞の肝と書くんですね。知らなかった。。

自家製のテンメンジャンと唐辛子ジャムで味付けされているそう。

 

 

【冷菜】

鱶鰭とキャビアと自然薯、地鶏、蓮根と麩の糖醋素排骨、豚スネと緑豆、香飄焼鴨、陳皮香魚。

普段食べなれていない食材と味付け。

しっかりお品書きを読み、勉強しながら食べていきます。

 

 

スープもありましたが、写真は残っておりませんでした。。

 

【熱菜】

天使の海老(パラダイス・プロン)の揚げ物に四川ピクルスソースがかかっています。

世界最高品質といわれる養殖海老らしいです。

 

 

牛肉 ししとう。

味付けはもちろん香辛料です。

 

蝦夷鮑と鶏肉の煮込み

鮑が柔らかいです!

 

麻婆ナス

しっかり辛いですが、おいしい。

 

【擔擔麺】

タンタンメン。

香辛料が独特なので、今まで食べてきたタンタンメンとは違います。

 

 

【デザート】

デザートはメロンと白キクラゲ、糯米、小菓子。

キクラゲと言われなければ気づかないかもしれません笑

 

中国茶もいただきましたが、写真はありません。。

 

 

伝統的な四川料理は食べたことがなかったので貴重な経験ができました。

漆器と陶器でお料理が出てくるため、古代中国王朝の宮廷料理のようでした。

 

給付金をしっかり使う予定の方で、お店を検討中の方の参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!