【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその②ー

2022-09-02旅行

ドイツ語で、「醸造所兼レストラン」のことを意味する「ブラウハウス(Brauhaus)」

今回はデュッセルドルフのブラウハウスを巡ってきました。ドイツビールだけでなく、美味しいドイツ料理まで提供するビアホールレストランのような感じです。

種類豊富なビール、創業数百年の歴史ある有名な醸造所、気になる料金・値段など、写真と共に紹介します!

 

ブラウハウス(Brauhaus)って?

ビール醸造所とそこに隣接するパブ、つまり醸造所兼レストランを、ドイツ語で「ブラウハウス(Brauhaus)」、または「ブラウエライ(Brauerei)」と呼びます。その醸造所でつくられたビールだけでなく、伝統的なドイツ料理も提供しています。

19世紀初頭、ビール醸造所が醸造所の前や中庭でビールを販売するようになり、そこ間に合わせのパブを作ったのが始まりです。現在の醸造所レストランへと発展していきました。

現在では、醸造所の隣接していないパブ・ビアホールでも、ブラウハウスと名乗っていたりするそうです。

 

ビールをサーブするウェイターさん「ケーブス(Köbes)」、ビール樽からケーブスにビールを提供する役割の「ザップス(Zappes)」と呼ばれるウェイターさんがいたりなど、

伝統的なスタイルを継承しながら今日まで運営されています。

美味しい地元ドイツビールだけでなく、独特な歴史ある雰囲気・ブラウハウス文化を楽しむことができます!

 

Youtube動画でも紹介しています。

 

ビールの注文・おかわり・お勘定の方法

入店すると、ビールを飲むだけなのか、もしくは食事もするのかを聞かれます。(聞かれないこともある)

ビールだけを楽しむお客さんを入れるホールと、食事を提供するホールを分けているようでした。

 

また、この入店の際に、カード支払いが可能かどうかを確認することをおすすめします!古い伝統的なブラウハウスだと、現金支払い(キャッシュオンリー)の所もありましたので、ご注意ください(*_*;

 

注文のやり方は日本と変わりません。テーブルに座ると、ウェイターさんが注文を取りに来てくれます。ほとんどの場合、「ビール」というと問答無用でその醸造所のビールが出てきます。

 

ビールが提供されると、コースターに注文した内容がペンで書かれます。このコースターが伝票の役割を果たします。棒1本は、ビール1杯という意味のようです。

「アルトビールは鮮度が命!」そのため、キンキンに冷たいうちに飲み干せるよう、200~250mlの小ぶりな円柱グラスで提供されます。

 

日本と違う、注意する点は「おかわり」の方法です。

ビールグラスが空いてそのままにしておくと、「次!おかわりお願いします!」という意味だそうで、問答無用で次のビールグラスを提供されてしまいます!

わんこそばのような形式。飲みすぎ注意です。

 

「これ以上、おかわりいりません!」の意思表示をするには、コースターでグラスに蓋をします

ビールのおかわりは自動なんて、さすがビール大国ドイツですね…飲む量が多いからその方が効率がいいのでしょうか(笑)(;’∀’)

 

最後のお勘定の際は、伝票代わりのコースターをレジに持っていきます。(レジが無ければウェイターさんを呼んでテーブルで会計する)

 

 

ちなみに、ドイツの法律では何歳から飲酒可能?

ドイツではビール・ワインの飲酒は16歳以上、蒸留酒は18歳以上から可能と決められています。

ブラウハウスで楽しくビールを飲んでいると、続々とお店の奥(醸造所)に進んでいくビール醸造所見学のツアー参加者の中に高校生らしき少年少女が。

びっくりして調べてみると、16歳からビールの飲酒が可能なのですね(;’∀’)

 

 

デュッセルドルフのブラウハウスを紹介

ドイツ西部の都市「デュッセルドルフ(Düsseldorf)」。

西ヨーロッパの中でもブルーバナナと呼ばれる、経済的にも人口的にもとくに発展した地域内に位置する都市です。2011年の「世界で最も居住に適した都市の調査」では世界5位、ドイツ国内2位となりました。

ヨーロッパ最大の日本人街としても有名で、多くの日本人が住み、日本食レストランがたくさんあります。

そんなデュッセルドルフにあるブラウハウスに行ってきましたので、前回記事に引き続き紹介します!

【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその①ー

 

Brewery Zum Schlüssel(ツム・シュリュッセル)

デュッセルドルフ旧市街にあるビール醸造所「Zum Schlüssel(ツム・シュリュッセル)」。1850年に、ここで開かれたパン屋兼ビール醸造所が始まりです。

当時のドイツでは、パン屋さんでしかイースト菌を取り扱うことが許可されておらず、ビール(=液体パン)を作ることができるのもパン屋さんに限られていたそうです。

地元の人にも愛される人気店です。週末の金曜土曜の夜は混雑しており、相席になるとか。週末夜に行く場合は、夕方早めに入店した方が良さそうです。

 

「シュリュッセル」というドイツ語の単語の意味は「鍵」。中世の時代は、町の門の鍵を近所のパブ・レストランに預けていた習慣に由来しています。

 

ロゴにもなっている鍵が天井から吊り下げられています。