ロンドンのラーメン屋さん(一風堂・金田家)

2022-01-03イギリス

皆さんはラーメンお好きですか?

 

ロンドンで日本のラーメン屋さんをお邪魔したのでご紹介します!

 

日本食が恋しい駐在員の方は必見です!観光でロンドンに行った方で、手ごろな価格でどうしても日本料理が食べたい…という方にもおすすめです(少数派かと思いますが)

 

今後も適宜追記していく予定です。それではどうぞ。

 

一風堂 IPPUDO Central Saint Giles

1985年、福岡・大名で創業した『一風堂』。そこからどんどん拡大していき日本で133店舗構えています(2021年12月現在)。

 

Project Zuzutto(ズズット)を掲げ、世界へラーメン文化を発信中です。以下画像は著作権フリーとのことで、公式HPで配布されていました。

 

私たち一風堂は、この日本特有の食文化である「すする」喜びを、その音である“ZUZUTTO(ズズット)”というフレーズに託し、世界中へ発信していきます。

 

2014年にロンドンに初進出して以降、2021年12月現在、ロンドンで4店舗まで拡大しています。

 

今回は大英博物館の近くのCentral Saint Giles店にお邪魔しました。ビルの上階にはGoogleのロンドン支社があるとのこと。

 

【住所】

3 Central Saint Giles Piazza Saint Giles High Street London WC2H 8AG

 

お邪魔した当日、風が強くとても寒かったのですが店内はかなり暖かく、豚骨のいい匂いが広がっていました。

 

店員さんに人数を伝えるとついてくるよう指示されました(英語)。

 

のこのこついていくと、不意にその店員さんが「2名様でございます!!(日本語)」と店内に響き渡るほどの大声で案内されました。

 

すると店中の店員さんが「いらっしゃいませー!!(日本語)」と。

 

最近家の外で日本語を聞いていなかったので、ホーム感があってよかったです。

 

席に着くとメニューが。やはりロンドン、外食費が高いです…。

 

 

 

 

白丸元味(SHIROMARU CLASSIC)を注文しました。価格は11.5£(約1,725円)。日本の物価と比較するとビックリする値段ですが、日本の味が忠実に再現されておりとても美味しかったです。

 

チャーシュー丼は9.5£(約1,425円)で、日本人が好きそうな甘めの味付けでした。ただ、お茶碗1杯分位の大きさなので、ガッツリ食べたい方にはちょっと物足りないかもしれません…。

 

地下にあるトイレに向かう階段には、日本全国の色々なラーメンが視覚的にまとめられていました。勉強になりますね。

 

 

 

 

 

 

Wi-Fiのパスが『バリカタ2015』でした…笑

 

テーブルの中には麺があしらわれたデザイン。

 

妻と「ホンモノかな~?」みたいな会話をしていると、店員さん(not日本人)が流暢な日本語で「ホンモノですよ」と教えてくれました。

 

あまりにも発音がナチュラルだったので、妻が「日本語お上手ですね」と言うと、「いえ、まだまだです勉強中です…」と謙遜混じりの回答…。100点満点の日本人的な対応でした。笑

 

そんな(?)ロンドンの一風堂、皆さんもお近くにお越しの際は是非!

 

一風堂の公式HPはこちら

 

 

金田家 Kanada-Ya Covent Garden

上記の一風堂の向かいに金田屋というラーメン屋がありました。

 

金田家がロンドンに進出したわずか1ヶ月後に一風堂が進出してきたようでバチバチの様相です…。

 

【住所】

64 St Giles High Street London WC2H 8LE

 

 

一風堂と比較すると日本での認知度はないかもしれませんが、本店は福岡・行橋。

 

2008年、もともと競輪選手だった金田氏が、ラーメン学校・独学を経て創業しました。

 

その後、Tony氏の提案を受け2014年にロンドンでのフランチャイズを開始し、今では香港・スペインにも店舗を構えています。

 

店内の座席は20席弱くらいと、小規模なスタイルです。店の外にはいつも人が並んでいるイメージ。お昼時を外した15:30頃でも長蛇の列でした。

 

ITが進んだロンドンらしく、店の外壁にはQRコードが。そこから列に並んだり、メニューを確認することができてかなり便利でした。

 

ラーメン1杯11£(約1,650円)、12.5%のサービス料も加味すれば約1,850円…。やはりロンドンは物価(特に外食)が高いです…。

 

 

店内の様子。20席弱の少数精鋭(?)スタイル。

 

Tonkotsu Xを注文しました。泡系の豚骨ラーメンで、かなり上品なお味。しっかり美味しく現地の方や観光客に人気がありそうです。

 

一方、パンチが利いた豚骨ラーメンを求めている方はちょっと物足りないかもしれないです…。

 

入口のマットも金田家仕様でした。これが一風堂の入り口で踏絵として使われてなくてよかったです…笑

 

金田家の公式HPはこちら

 

さいごに

ロンドンに日本のラーメン屋さんが進出しており誇らしいですね。

 

いずれも1杯2,000円弱と日本と比較すればかなり高く感じますが、ほかの外食と比較すればそこまで高くない印象です(日本の物価の低さが心配になってきますが…)。

 

今後もロンドンのラーメンを開拓した際にはどんどん追記していきます。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

本ブログでは20代夫婦の資産形成の過程を投稿しています!商社×IT企業の手取・ボーナスなどを赤裸々に公開していますのでよろしければそちらも是非!

1年間の資産推移(20年10月~21年9月)