【ロンドン観光】ピカデリーサーカス駅・トラファルガー広場周辺観光

旅行
この記事は約7分で読めます。

 

ピカデリーサーカス駅をぷらぷらと観光してきました。

このピカデリーサーカスを中心とした広大なエリアは、一般にウエスト・エンドと呼ばれています。セントラルロンドンの中でも一番の繁華街で、世界に名だたるショッピングストリートが集まり、毎夜数々の演目が上演される劇場街、レストランが多く集まっています。

観光名所のエロス像、ナショナルギャラリー、紅茶のTWG、中華街、オペラ座の怪人で有名なハーマジェスティーズシアターetc.

一日ではすべて見て回ることはできないくらい、観光名所やショップがたくさんあります。

 

 

地下鉄ピカデリーサーカス駅から出ると、綺麗な建物・街並みが目に入ります。

 

 

エロスの像

ピカデリーサーカスのサーカス(Circus)とは円形の広場のこと。エロスの像を中心としたロータリーになっています。いつもバスやタクシーで渋滞しています。

こちらの像の正式名称は、Shaftesbury Memorial Fountainというそうです。

事前活動家で博愛主義者のシャフツベリー伯爵を記念して建てられた像。

 

 

エロスの像から東の方へ行くと、TWGティーの店舗があります。

シンガポールの紅茶で、”The Wellness Group”の頭文字をとってTWG

1階はお茶を販売、2階はティールーム。スコーンには紅茶で作ったティーゼリーが添えられます。食事のメニューもあり、休憩にぴったりです。

 

茶器も購入できるようですね。

 

丸いこのティーポット。保温性に優れていて、最後まで温かい紅茶を美味しくいただけます。

 

紅茶がずらり!

フレーバー、ティーパック・茶葉、パッケージ、大きさも異なる商品がなん百と…選べませんね(;’∀’)

 

 

茶器はどれもそれなりのお値段がします。

 

 

 

同じくピカデリーサーカス駅から歩いて行ける距離にあり、紅茶・その他の英国お土産を買えるお店だと、「フォートナム&メイソン」がおすすめです。

【ロンドン】フォートナム&メイソン本店(Fortnum & Mason)
イギリスのロンドンを拠点とする1707年創業の老舗百貨店「フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)」 イギリス王室御用達の紅茶・スイーツ・グルメなど、欲しいイギリスお土産がこちらでほとんど揃って...

 

 

ヒッポドロームカジノ

こんなに大きなカジノもあります。

 

 

中華街

オックスフォードサーカス、トテナム・コート・ロード、レスター・スクエア、そしてピカデリーサーカスの4つに囲まれた四角の地域のことを「ソーホー(SoHo)」と呼びます。

昔、この辺りは狩猟場で「SoHo(獲物を見つけた時の合図の声)」という声がよく聞こえたから、そう呼ぶようになったのだとか。

この地域には中華街があります。中華レストランと中華食料品店がずらりと並び、ここがロンドンであることを忘れてしまいそうです。

 

 

 

広場では韓流アイドルの曲で、ダンスパフォーマンスが行われており、人が集まっていました。

 

 

ロンドンの日本食品店「ジャパンセンター」もあります。

別記事にまとめています↓

【 ロンドンの日本食材店】ジャパンセンター(Japan Centre)
ロンドン、ピカデリーサーカスにある日本食材が買えるお店(ジャパンセンター(Japan Centre)) 日本の調味、お刺身、薄切り肉、お菓子、日本酒まで。ロンドン在住者にとって欲しい日本のものはだいたい買うこと...

 

 

 

演劇のメッカ、ロンドン。トラファルガー広場周辺には、たくさんの劇場があります。

 

ハー・マジェスティーズ・シアター(Her Majesty’s Theatre)

「Her Majesty」は「女王陛下」という意味。

1705年に”Queen’s Theatre”という名前で設立されましたが、英国君主の性別が変わるたびに名前を変えていたそうです。

有名な作品「オペラ座の怪人」をはじめ、オペラ、ミュージカルの数々の傑作を上演し続けています。

 

エンパイア劇場(Empire)

 

ウィンダムズ劇場 (Wyndham’s Theatre)

 

 

その他にも、シアター・ロイヤル・ヘイマーケット、イングリッシュ・ナショナル・オペラなど、歴史ある劇場があります。

 

 

セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ協会(St. Martin-in-the-Fields)

1724年に設立されたこちらの教会

日によっては、小規模なクラシックやジャズのコンサートが行われています。地下にあるカフェもおすすめです。

 

 

ナショナル・ギャラリー(The National Gallery)

コリント式列柱のある巨大な玄関、全長140mの古典主義の建物。世界最大の美術館のひとつであるナショナル・ギャラリー。

展示品の数は約2万点!

1824年に実業家が収集した絵画を、当時の首相が買い上げて公開したのが始まりとされています。正面から見て左上の部屋は、映画007のロケに登場した部屋だとか。

 

 

ナショナル・ギャラリーの前には、芸術家の作品がありました。格式高い建造物が多い中、この作品はかなり目立ちますね。

 

ネルソン提督の像

高さ44mの円柱の上に立つ、イギリスの英雄ネルソン提督

1805年のナポレオン率いるフランス軍との戦い(トラファルガーの海戦)での、イギリス軍の勝利を記念して作成されました。

台座の周りには4頭のライオンと、4つのレリーフがあります。

レリーフには戦の様子が描かれています。このレリーフはフランス軍の大砲を溶かして造られているとか…(;・∀・)

 

4つのレリーフ

 

 

 

ナショナル・ギャラリーや、ネルソン提督の像があるこの広場は、トラファルガー広場と呼ばれる観光地。

地元の人は寄り付かず、観光客であふれています。

週末にはちょっとしたイベントが開催されていることもあります。

 

 

名のある観光名所でなくとも、街はイギリスらしいもので溢れています!

 

英国パブ

”~ARMS”という名のパブはたくさんあります。が、チェーン店というわけではありません。

Arm=紋章。昔はパブの看板に、その地域の貴族または地主の紋章を使っていたからだそうです。

 

 

BEARの名の通り、くまが看板になっているかわいらしいパブもありました。

まだお昼すぎですが、テラス席までビールを飲むお客さんでいっぱいです。

 

ジャパンセンター前のパブ

 

クリスマスのイルミネーション

クリスマス時期になると駅周辺・ピカデリー通りは、豪華なイルミネーションが登場します

 

 

 

レスター・スクエアのクリスマスマーケット。入場制限をしているのか、入口付近から大行列です!

 

 

高級そうな食料品店。装飾が目を引きます。

 

おもちゃ屋さん。ハリーポッター風のディスプレイが豪華でさすがイギリスだなぁと。

 

 

 

 

目的地なしでぷらぷらと散歩しても、面白い発見がありそうですね♪

 

【その他、ロンドン散歩・観光の記事】

【英国紳士の高級老舗傘屋】ジェームズスミス&サンズ(James Smith&Sons)
英国紳士のアイテムの一つ、ステッキ・傘 品質が良くかっこいい大人の男性が持つ、一生ものの傘が欲しい方におすすめ、 1830年創業のロンドン屈指の老舗傘屋の「ジェームズスミス&サンズ(James Smith&Sons)」 お...

 

【ビール通の英国パブ】クラフト・ビア・カンパニー(The Craft Beer Co. )
たくさんのクラフトビールを取り扱う、ロンドンの人気パブ「クラフト・ビア・カンパニー(The Craft Beer Co. )」 実際に行ってきましたので、写真と共に紹介します。 【Location...

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました