【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その②~

2022-05-04グルメ

 

妻ゆーこです。

お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します!

イギリス以外の国のビールについても紹介しています。

その②記事は、8~14番目のビールです。

 

美味しいビールを発見したら都度更新していくと思いますので、海外ビール好きな方はブログをちょこちょこ覗いてください(^^♪

 

 

英国といえばパブ。

夜はビールを片手にサッカー観戦しているお客さんで盛り上がっています。(夜だけでなく昼間もビールを飲んでいるお客さんでにぎわっていますが…)

 

イギリス国民から愛されるビール。

税率20%ですが、スーパーで販売されているビールは1.5£~3£(約200円~450円)と日本と変わらない価格帯です。

 

ラガービールなどはキンキンに冷やされていますが、エールビールなどの適温が10度~常温のビールは、常温の棚に陳列されています。

 

 

 

 

前回記事、ビール紹介その①↓↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その①~

 

 

 

スピットファイア アンバーエール SPITFIRE Amber Ale

同じく、イギリス最古の醸造所と言われる「シェパードニーム醸造所」のビールです。

ケント州の上空で繰り広げられたバトル・オブ・ブリテンから50周年を記念して醸造されたアンバーエール。

100%ケント産のホップ、最高級のモルト、シェパード・ニーム醸造所の地下深くから汲み上げた水を使用して醸造されています。

アルコール度数は4.5%。甘いビスケットのような香りと、オレンジマーマレードのような苦味が特徴的なビールです。

 

 

 

ニューキャッスル ブラウンエール NEW CASTLE BROWN ALE

イギリスのニューキャッスルで造られる、ブラウンエールの代表的銘柄

イングランドプロサッカーリーグで活躍するサッカーチームの、公式スポンサーです。欧州サッカー好きな方はご存知かもしれません。

苦味が少ないなめらかなコク。ローストモルトとカラメルの甘味が楽しめます。

 

 

 

 

アドナムス・ブロードサイド Adnams Broadside

アドナムスはイギリスにある海岸線の町「サウスウォルド」の古いブルワリーです。

くっきりとした苦味、スモーキーな香り(燻製香)をしっかり感じます。

アルコール分はやや高めの6.3%

限定生産のローカルビールで、日本に輸入されていないビールもあります。

 

 

 

 

カムデン へレス ラガー CAMDEN HELLS LAGER

カムデンタウンブルワリー(Camden Town Brewery)のラガービール。

こちらのへレス以外にも、ラガービールを醸造しています。

ラガーらしい黄金色。爽やかでキレがある味わいです。

 

 

 

 

トリビュート TRIBUTE

イギリス南西部のコーンウォール地方の醸造所「セント オーステル ブリュワリー(St. Austell)」のペールエールです。

柑橘系の香りがほのかにする、飲みやすいトリビュート・ペールエール。セント・オーステル・ブルワリーで最も有名なビールです。

鶏肉や魚料理との相性が抜群とのこと。

 

 

 

 

その他 海外のビール

ペローニ ナストロアズーロ Proni

1963年イタリアのローマで誕生したペールラガービール。

アルコール分4.5%~5.5%。柑橘類のスパイシーな香り、すっきりとした爽やかな飲み心地。

「誰でも手軽に飲める」をコンセプトに低価格路、イタリア国内のビール消費量ではトップクラスだそうです。

 

 

 

 

ペロ―二 グランリセルヴァ Peroni Gran Riserva

創業150周年を記念し1996年から発売されているのが、こちらの黒ラベルのペローニ。

6.6%のストロングラガー“Peroni Gran Riserva"

ラガービールの最高級銘柄です。

 

 

 

次回記事その③に続きます!

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その③~