【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その③~

2022-05-04グルメ

妻ゆーこです。

お土産に自宅用に、スーパーでもお求めやすいおすすめのイギリスのビールを紹介します!

イギリス以外の国のビールについても紹介しています。

その③記事は、15~21番目のビールです。

 

美味しいビールを発見したら都度更新していくと思いますので、海外ビール好きな方はブログをちょこちょこ覗いてください(^^♪

 

 

英国といえばパブ。

夜はビールを片手にサッカー観戦しているお客さんで盛り上がっています。(夜だけでなく昼間もビールを飲んでいるお客さんでにぎわっていますが…)

 

イギリス国民から愛されるビール。

税率20%ですが、スーパーで販売されているビールは1.5£~3£(約200円~450円)と日本と変わらない価格帯です。

 

ラガービールなどはキンキンに冷やされていますが、エールビールなどの適温が10度~常温のビールは、常温の棚に陳列されています。

 

 

 

前回記事、ビール紹介記事その②↓↓

【おすすめ海外ビール】イギリスビール紹介 ~その②~

 

 

セント オーステル プロパージョブ St. Austell Proper Job

「セント オーステル ブリュワリー(St. Austell)」の力強いIPA。アメリカ産ホップで醸造されています。

柑橘類、パイナップル、グレープフルーツの樹脂のような風味と、上質なクリスプビターの後味が特徴。SIBA National Beer Festivalで「チャンピオン・プレミアム・ベスト・ビター」を受賞した銘柄です。

CAMRA(Campaign for real Ale:真のエールビールを復興させるための民間の消費者団体。イギリスの「エール」「りんご酒」の販売促進と、伝統的なパブを守る活動をしています)では、定期的に賞を受賞したりと、いろんなところで評価されている銘柄のようです。

 

 

 

スティッフ・リップ Stiff Lip American IPA

ポートベロー醸造所(Portobello Brewing)のビール。アメリカと新世界の5種類のホップを使用して醸造された西海岸スタイルのIPA。

「stiff lip」は直訳すると「こわばった唇」

逆境に直面しても毅然とした態度で冷静な英国紳士のふるまいを表す言葉なのだとか…

ビターな仕上がりで、後味に名前の通り「唇を硬く」してしまいそうです。