【イギリスのジン・ラム祭り】 「Brighton Gin & Rum Festival」に行ってきた

2022-08-04イギリス

 

イングランド南部の都市、ブライトン(Brighton)で開催される「Brighton Gin & Rum Festival

120種類以上のジン・ラムが楽しめる、英国最大のジン&ラム・フェスティバルです。お酒だけでなく有名なDJのライブパフォーマンスも楽しめます。

実際に行ってきましたので、チケット料金・会場の様子・ジンやラムをご紹介します!

 

 

ブライトン(Brighton)

イングランド南部の都市、ブライトン(Brighton)。ロンドン、リバプール駅から電車で1時間の距離にある、イギリス有数の海浜リゾート地です。

ブライトンは昔は田舎町でしたが、1750年にイギリス人医師が「海水浴」を健康法として唱えたことと、ジョージ4世が海辺の別荘として王室の離宮である「ロイヤル・パビリオン(Royal Pavilion)」を建てたことで、

高級リゾート地としての地位を確立。上流・中流階級の人々の保養地として人気を集めました。

海浜があるリゾート地であり、大学・教育施設が多く学生が多いため、パブやナイトクラブが多数あり、パーティ・タウンとしても有名です。

夏場はイングランドのパリピが集まるスポットとなります(;’∀’)

 

 

Brighton Gin & Rum Festival

そんなブライトンで開催されるジンとラムの祭り「Brighton Gin & Rum Festival」の会場は、ホテル「ヒルトン ブライトン メトロポール(Hilton Brighton Metropole)」

海沿いのリゾートホテルの宴会場を貸し切って開催されます。

 

開催時間は、昼の部(12:30~17:00)と夜の部(18:30~23:00)と2部構成です。

チケット料金は、27ポンド。チケット料金の内容は、以下の通り。

  • 持ち帰り可能のロゴ入りジングラスと、再利用可能な金属製ストロー
  • ジン・ラムの紹介パンフレット
  • 各メーカー新商品の無料試飲
  • 受賞歴のあるDJのライブエンターテイメント
  • 国内・国外のジン・ラムメーカーの講演

お酒の料金は、一律1杯6ポンドで、会場で購入できるチケットトークンを買い、バーでそれを渡すことでお酒・割り材(トニックウォーター・ジンジャエールなど)を提供してもらえます。

未使用のチケットトークンは、ショップでジン・ラムのボトルを買うのに充てることができました。

 

イギリス国内・海外のジン・ラムを120種類以上取り揃えており、選ぶのに迷ってしまいます。中には、このフェスティバルだけの限定商品もあります。

ジン・ラム以外にも、テキーラ、プロセッコ、ペローニ(ビール)もありました。

 

 

会場のホテル「ヒルトン ブライトン メトロポール(Hilton Brighton Metropole)」のエントランス。

 

 

受付で、メールで受け取っていたチケットを見せて、入口でグラス・ストロー・パンフレットを受け取ったら入場です。

チケットの時間内であれば、会場に再入場することができます。

 

会場の様子。フロアいっぱいにテーブルとイスはあるものの、来場者全員が座ることができるほどの数は十分にありません。

壁際にバーカウンター・各メーカーの展示と試飲ブースが並んでいます。

 

会場の様子は、Youtube動画でも紹介しています!ぜひご覧ください♪