【スパイスからカレーを】イギリスで簡単レシピに挑戦

2022-05-31イギリス

 

試作2回目

前回のレシピに、スパイス・チリを2種類、追加して作ってみました。

ガラムマサラとカイエンペッパーです。

 

そして、辛味より苦味を強く感じるかな?と、レッドチリパウダーは外しました

 

【材料】

・コリアンダーパウダー 小さじ1

・クミンパウダー 小さじ2

・ターメリックパウダー 小さじ1

・レッドチリパウダー 小さじ1

・カイエンペッパー 小さじ1

・ガラムマサラ 小さじ1

・塩 小さじ1

・おろしニンニクとショウガ 小さじ2

・カットトマト缶 250gぐらい(400g1缶の三分の二ぐらい)

・骨付き鶏もも肉 1kg

・小さい玉ねぎ 4個

・ニンジン 2本

・小さいリンゴ 3個

・水少々(お好みの量)

 

 

①ニンニクを炒め香りが立ってきたら、鶏肉を入れて炒める。

鶏の脂の旨味をカレーにたっぷりと出したいと思い、先に炒めることにしました。

 

②鶏肉に火が通ったらいったん取り出し、残った脂で玉ねぎを加えてあめ色になるまで炒める。

そして2回目も少し焦がしてしまいました…( ;∀;)

「あめ色になるまでじっくりと焦げ付かないように炒めまわす」たったこれだけなのに、せっかちでじっとしてられない私は、「今のうちに片づけも少しやっとこ!」とよそ見をしてしまい、その間に焦げてしまいました…。

 

 

③弱火にして、スパイス(ガラムマサラ以外)を加える。水を加えながら、粉っぽさが無くなるまで炒める。

④中火にしてカットトマト缶、ミキサーで細かくしたニンジンとリンゴを加えて炒める。

最後に火を止め、ガラムマサラを加えて完成。

ガラムマサラは香りを引き立てるスパイスらしく、なんならお皿に盛ってから振りかけてもいいみたいです。

 

 

ガラムマサラの香りが加わったことで、一気に馴染みのあるカレーの味に近づきました!

カイエンペッパーのすぐにピリッとくる辛味も好みの辛さです。

美味しく作れた記念でビールで乾杯しました。

私は辛口が好きですが、夫は辛すぎるものは苦手。夫は「これ以上辛いとしんどい」とのことなので、チリ・唐辛子類はこれ以上は入れないように改良していきます。

 

 

あめ色玉ねぎを焦がさないように炒める事が難しいですが、その他手順は混ぜて炒めるだけで、思ってたよりもスパイスからカレー作りは難しくありませんでした

どのスパイスをどれだけ入れたらどんな味になるのか、少しわかるようになりました。料理の幅が広がった?のも収穫です!

何事もやってみることが大事ですね~。

我が家のカレーを改良し、レシピに変更があればまた記事を更新します!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。