【イギリスのビール祭り】「Ealing Beer Festival」に行ってきました

2022-07-22イギリス

 

イギリス、ロンドンの西、イーリング(Ealing)で開催された「イーリング・ビア・フェスティバル2022Ealing Beer Festival 2022)」

300種類以上のリアルエール、シードル、クラフト樽生、ワインなどを楽しめます!

チケット料金・会場の様子・ビールについて、写真と共に紹介します。

 

 

イーリング・ビア・フェスティバル(Ealing Beer Festival)

イギリス、ロンドンの西、イーリング(Ealing)で開催される「イーリング・ビア・フェスティバル(Ealing Beer Festival)」

2022年は第31回目。コロナのパンデミックの影響で、2年ぶりの開催となりました。

ロンドン最大の野外CAMRA(※)ビールフェスティバルで、300種類以上のリアルエール、シードル、クラフト樽生、ワイン、輸入外国産ビールなどを楽しむことができます。

お酒だけでなく、ビールに合う料理の屋台やライブミュージックも楽しめます。

 

※CAMRA (Campaign for Real Ale)…イングランドの消費者団体。主に、イギリスの「エール」「りんご酒」の販売促進と、伝統的なパブを守る活動をしています。

 

チケットは当日券とオンラインでの前売り券があります。チケット料金は20ポンドで、以下の内容です。

  1. 会場への入場料
  2. パイントまたはハーフパイントの記念ビールグラス(返却不可、持ち帰り)
  3. ビールフェスティバルのプログラム冊子
  4. 10ポンドのドリンクトークン(残額は払い戻し可能)

 

記念ビールグラスはこちら。英パイントは1杯568mlです。10ポンド分のドリンクトークンは、注文したビールの値段分が塗りつぶされていきます。

 

プログラム冊子には、ビールの説明・会場マップ・近日開催予定のロンドンの他のビアフェス情報などが記載されています。

 

また、2022年のビールフェスティバルは7月13日~16日と4日間にかけて開催されているため、複数日またがって入場可能なチケットも販売されていました。

300種類もあるため1日ではほんの一部しか楽しめません。複数日入場可能なチケットで、より多くのビールを楽しむというのも良いですね(^^♪

 

 

会場の様子

会場は、イーリングにある広い公園、ウォルポール・パーク(Walpole Park)です。

 

28エーカー(東京ドーム2.2個分)という広い公園の中に、ビールフェスティバルの会場が設置されていました。

 

ちなみに、イーリング地域は多くの日本人駐在員が住んでおり、日系食品スーパー「natural natural」があります。

 

YouTube動画でも紹介しています。よろしければご覧ください(^^)/

 

前売り券なので優先入場できるファストトラックに並びます。

 

ロゴ入りグラス、プログラム冊子、10ポンド分のドリンクトークンを受け取り会場入りです!

 

会場の中央には、大きなサーカス風のテント。その中にビールを提供するバーカウンターが設置されています。

 

テント内にはズラリと300種類超のビールが並んでいました!どれを飲もうか悩んでしまいます(*’▽’)

 

それぞれのビール樽の番号と、プログラム冊子に記載の番号が一致しており、選ぶのも注文するのも分かりやすかったです。

量は、パイント(568ml)、ハーフパイント、三分の一パイントと選べます。それぞれの値段も記載されています。量が多いパイントがお得、というわけではなく適正なお値段です。