【イギリスで自炊】スーパーで買ったもの&料理紹介(10月編)

イギリス生活
この記事は約7分で読めます。

 

イギリス暮らしの中で、どんな料理を作ればいいのやら…。「イギリス 自炊」で検索しても、記事を書いている人は少ないなぁと。

ということで、「美味しさ・ヘルシーさ・安さ」をモットーにしている我が家の、10月のとある日の自炊内容を記事にしてみました!

ロンドンのスーパーでなにが買えるの?なにが安いの?など、参考になればうれしいです。

 

 

 

イギリスのスーパーの食料品事情は、別途記事にしています。よろしければご覧ください↓

 

前回記事はこちら↓↓

 

自炊

とある日の自炊内容です。インスタ映えするような豪華な料理は特にありませんのでご了承ください(;’∀’)

 

タンタンメン

生姜とひき肉を炒めて、ゴマペーストを加えて作りました。

かつおだし・ごま油で味付け。かつおだしはさすがに日系スーパーでしか手に入りませんが、ごま油はイギリスのスーパーでも手に入ります。

 

ゴマペーストは、イギリスのスーパーでも売っているこちらを使いました。インスタで、同じくイギリス暮らしをしてる方から教えていただいた便利調味料です!(*’▽’)

タヒニ」と呼ばれるゴマをペースト状にした調味料で、ギリシャやトルコ、中東諸国でよく食べられている伝統調味料です。アジア食品コーナーに置いてあります。

日本のスーパーで手に入る「練りごま」と比べると、水分が多いです。でも、味・香りに変なクセはなく、使いやすいです。

 

麺はいろいろと試した結果、今のところこちらが一番おすすめです。

Morisonsで3つで3.5ポンドと、安くなっていたのでまとめ買いしました。1つに5食分入っています。

細麺でとろみのあるスープとよく絡みます。イギリスで買える麺はモサモサ感が気になりますが、こちらはそんなに悪くないです。

 

ひき肉は、テスコのこちらの冷凍ミンチを使いました。

5.50ポンド/kgです。半年前は4ポンドだったのですが…食品高騰により、ここまで値上がりしましたね( ;∀;)

 

生姜・ニンニクはこちらを使っています。

タンタンメンにニンニクを入れてもOKな人、かつ、すりおろすのがめんどくさい人は、この瓶入りのペーストがおすすめです。変な味の癖もなく、使いやすいですよ。

から揚げの漬け込みにも使っています。

 

 

アヒージョ

イギリスの家は、ほとんどオーブンが備わっています。オーブンに放り込むだけ簡単料理のレパートリーがどんどん増えていきます。(;’∀’)(笑)

 

ブロッコリーは、1.39ポンド/㎏の冷凍のもの、茶色の歯ごたえのあるマッシュルームは、1パック250gで1.19ポンドです。ムール貝は1パック175gで1.5ポンド。

安く簡単に、健康的な食材で作れる美味しい料理です。

残ったオリーブオイルは、パスタに使えます。食材の旨味が出たオリーブオイルですから捨てるのはもったいないです!

 

 

ナスとチーズの料理

私(妻)が大好きなお料理研究家リュージさんが紹介していたレシピです。

材料はナス、ベーコン、玉ねぎ、チーズ、トマト缶など。イギリスのスーパーで、安く手に入る食材で事足ります。

 

イギリスのスーパーでもナスはあります。アメリカ英語だと”eggplant”ですが、イギリスでは”aubergine(オーベルジーヌ)”なんですね。

 

玉ねぎ、ベーコン、トマト缶を炒めたものを、レンジでチンしたナスに詰め、チーズをこれでもかと乗せてオーブンへ。

 

 

買ったみたもの

自炊の他に、買ったものをいくつかご紹介します。

 

”Morisons”ブランドのハーブティー Morrisons Pure Peppermint Tea(1ポンド)

セールで2つで2ポンドとなっていたので購入してみました。普段は1.65ポンドで販売されているようです。

内容量は80g、ティーバッグが40個入っています。

スッキリとしたペパーミントティーです。プライベートブランドの激安ハーブティーとは思えないほど、香り・味が強く、満足度が高い商品です!

さすがに、3倍以上のお値段がするパッカのハーブティーと比べると、香りと味は弱いですが…(*_*; 1ポンド代のハーブティーにしては美味しいです!

パッカ(PUKKA)ハーブティー【オーガニック・英国ブランド】
100%オーガニックハーブティーで有名な、パッカハーブス(PUKKA) 品質が良いだけでなく、パッケージも可愛くて女性人気が高い英国ブランドのハーブティーです。 今回はおすすめのフレーバーを、成分・作用・味などを含め紹介...

 

また、カフェインフリーなので、寝る前に飲むのもおすすめです。

 

 

”Morisons”ブランドのハーブティー Morrisons Lemmon Blessed Green Tea(1ポンド)

先ほどと同じくMorisonsのプライベートブランドのハーブティーです。

レモンピールによる、爽やかなレモンの香りと甘酸っぱさを楽しめる一杯です。レモン風味のさっぱりとしたティーが好みの人にぜひおすすめしたい商品です。

 

心配になるほど安い、プライベートブランドのハーブティーですが、飲んでみると良い意味で裏切られます

パッケージデザインも上品カワイイです。ぜひお試しください(^^)/

 

 

チャツネ(1.25ポンド)

保存食「チャツネ」。野菜や果物などを煮詰めて作るソースやジャムのようなものです。チーズやアップルパイに添えて食べるだけでなく、ソースや料理にも幅広く使える調味料です。

イギリスのスーパーでは、いろんな味付けのチャツネを見かけます。いちじく&ハチミツ、レッドオニオン、キャラメリゼオニオン、マンゴー、アップル&梨など、どれを買おうか迷ってしまうほどです。

ローストビーフのソースに使っても美味しかったです(*’▽’)

 

 

M&S「Chocolate Chip Cookies」(0.65ポンド)

M&Sばかりですみません(*_*;

それくらいM&Sのお菓子には信頼を置いています。ハズレが少なく、万が一口に合わないものであってもお手軽価格だから後悔が少ないのです(;’∀’)

こちらのチョコレートチップクッキーは、200gも入ってなんと0.65ポンドという超お得なお菓子です!

表面と裏面を見てわかるように、これでもかとたっぷり入ったチョコレートチップ。袋を開けて机の上に置いておくだけで、チョコレートの甘く香ばしいにおいがします。

クッキーは固めです。ゴリゴリとしたチョコレートチップの食感が楽しいです。これだけチョコレートが入っていますが、そんなに甘くありません。(飲み物必須というほどではない)

常温で食べてももちろん美味しいですが、チョコレートのゴリゴリした感じを楽しむために冷蔵庫で冷やして食べるのが私は好きです(^^♪

「0.65ポンド(約105円)でこれだけの幸せを手に入れていいのか?」というほど美味しく気に入りました。リピート買いすると思います。

 

 

駐在期間は資産形成チャンスの期間と考えているため、投資資金を作るためにも、普段の食事は節約を意識した内容になっています!

 

とはいえ思い出作りも大切です。

自炊で浮いた分の一部は、イギリス・ヨーロッパでしか経験できないことに使っていきたいと思います♪

「物よりも経験の方が幸福度は持続する」と本で読んでからは、高級ブランド品は買いませんが、旅行や食事にはあまりケチケチしないようになりました。

別途ブログ記事で紹介しています!↓

【ビール・収穫祭】ケント州ホップ祭り「Faversham Hop Festival 2022」
ホップの生産地として有名なイギリス・ケント州で開催される、「フェイバーシャム・ホップ・フェスティバル (Faversham Hop Festival)」 キャンプ場や子供向けの遊園地エリアまであり、家族向けのビールフェスティバ...

 

【イタリア旅行記】ベルガモ・チッタアルタ観光 見どころ紹介①
旧市街が世界遺産に登録されている、イタリアの丘の上にある美しい都市「ベルガモ(Bergamo)」。 ロンバルディア州の中で最も美しい街と呼ばれています。 有名な観光地、街歩き、郷土料理、レストラン、おすすめの絶景ホテルな...

 

 

私のように「節約するぞ~」という強い気持ちで駐在している方は少ないと思うので、駐妻さんに役に立つかはわかりませんが…(;’∀’)

毎月、自炊内容を発信していきたいと思います。参考にしていただければ幸いです!

 

インスタでもいろいろと紹介しています。柄にもなくキラキラした人たちに混ざってせっせと投稿しております(*_*;

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました