デュッセルドルフのおすすめ日本食【ヨーロッパ最大の日本人街】

2022-08-12旅行

平日限定30食の日替わり定食、お寿司とミニわかめうどんのセット(16ユーロ)。

うどんスープは関西風ダシで美味しいです!

久しぶりにダシがしっかりとした料理を食べると、日本人だなぁと実感します。ダシ文化万歳です。

 

特選やばせ定食(26ユーロ)。

注文するメニューがそれぞれこれだけ美味しいとなると、店の名前である「やばせ」を冠する特選やばせ定食への期待が高まります!

なにもかも美味しくて、期待を裏切らないクオリティーです。

 

ざるそば(10ユーロ)。

 

当たり前ながら日本で食べる外食の値段と比べると高いです。しかし、海外にいながらこのクオリティーの刺身・寿司がいただけるなら仕方ありません。

他の駐在員にも自信持ってお勧めする日本食レストランです。みなさまもデュッセルドルフに行った際にはぜひ!

 

 

串亭(Kushitei)

デュッセルドルフにある日本式本格焼き鳥居酒屋「串亭(Kushitei)」。内装もメニューも店員さんも、まるで本当の日本の焼き鳥居酒屋のような雰囲気です。

場所はたくさんの日系レストランやショップが集まる「インマーマン通り」で、すぐ近くにはラーメン屋さん「匠」の店舗もあります。

19時ごろに行きましたが、すでに満席で行列ができていました。事前に予約した方がよさそうですね。

 

 

先ずは、キリンビール(3.8ユーロ)で乾杯です。

 

メニューも日本式で、写真が多くて選びやすいです。

公式が公開しているメニューはこちら<https://drive.google.com/drive/folders/1tSZepHIoBBa5XSWo8pXmFa5ENVV0W8xK

焼き鳥だけでなく、うどん・蕎麦・ラーメン・定食・寿司・海鮮など、幅広く日本食をカバーしています。

 

 

ホタテ(5ユーロ)、海老(5ユーロ)、鴨ロース(5.8ユーロ)、しいたけ(3.8ユーロ)

 

どうしても日本の飲食店と比べてしまうと価格は高く設定されていますが、味は美味しいです。日本式居酒屋が懐かしいという、日本人駐在員さんにおすすめのお店です。

 

 

なにわ(NANIWA)

デュッセルドルフにある和食レストラン「なにわ(NANIWA)」さん。

2004年創業、日本人の板前さん・スタッフさんで経営されています。オスト通りの向かい側には、ラーメンを専門とする姉妹店舗も構えています。