【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその①ー

グルメ
この記事は約2分で読めます。

観光名所となるほど歴史ある醸造所・最古のパブですから、お土産グッズも充実しています。

 

わんこ蕎麦形式のビール提供スタイルですから、ビアグラスの数はたくさん。積み上げられていました。

 

テーブルと椅子がたくさんある宴会ができる大きな部屋から、立ち飲み客のための部屋まで、いろんなタイプの部屋がありました。

 

ユーリゲ醸造所が誇るアルトビール「Uerige Alt」。250mlグラスで2.4ユーロ(約324円)でした。

エール独特の心地よいアロマ風味と、ラメルモルトの香ばしい甘さ。

濃い風味のある他のデュッセルドルフのアルトビールと比べると、軽く、少しスパイシーで酸味のある味わいです。

乾杯!

 

 

ホームメイド・ミートボール」(3.8ユーロ)。

ミートボールという名前でしたが、日本人にとってハンバーグのような料理でした。脂分は少なく、肉を食べているという感じです!

 

ドイツの有名なマスタード「ABBマスタード」も付いて行きました。

18世紀初頭から生産されているという、デュッセルドルフの特産品です。

ABBの社名は創業者のアダム・ベルンハルト・ベルグラートの頭文字を取ったものです。ゴッホが愛したマスタードで、ゴッホの絵画にも描かれているそうです。

まろやかでとっても美味しいです!たっぷり付けてもツンとするような辛味が少ないのが不思議です。

 

フランクフルトソーセージ」(7.75ユーロ)。ドイツらしい風味豊かなライ麦パンが付いてきました。

 

食べ方が正しいのかよくわかりませんでしたが、とりあえず挟んで食べてみました。

 

店の前のテラス席、そして通りを挟んで向かい側にもテラス席がありました。テラス席は満席、大賑わいのお店でした。

 

以上、デュッセルドルフのブラウハウス紹介その①でした。自分でブログ記事を書いていて、ビールが飲みたくなってしまいました。

 

次回、その②記事では、ブラウハウス「Brewery Zum Schlüssel“, Düsseldorf」と、デュッセルドルフ駅構内にある「Zum Schiffchen」を紹介します!

【ドイツビール】「ブラウハウス(Brauhaus)」ビアホールレストランの紹介 ーその②ー
ドイツ語で、「醸造所兼レストラン」のことを意味する「ブラウハウス(Brauhaus)」 今回はデュッセルドルフのブラウハウスを巡ってきました。ドイツビールだけでなく、美味しいドイツ料理まで提供するビアホールレストランのような感じです。...

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【ドイツ旅行記】ブレーメン観光おすすめ その①
日本では、グリム童話のブレーメンの音楽隊でおなじみの、ドイツ北部の都市「ブレーメン(Bremen)」。 ブレーメン空港からさほど遠くない場所に観光名所が集中しており、移動範囲が狭くとも楽しめる旅先です。 おすすめ観光名所...

 

【やばい?欧州格安航空】ライアンエアー(Ryanair)搭乗記ブログ
ヨーロッパ最強格安航空会社こと「ライアンエアー(Ryanair)」。 口コミ・評判は悪いですが、本当に酷いのだろうか?そこで、実際に搭乗してきました。 料金、手荷物制限、厳しい罰金、チェックイン、ビザチェック、良い点悪い...

 

タイトルとURLをコピーしました