英国の解熱鎮痛剤・風邪薬を買いに行った話

雑談

妻ゆーこです!

英国駐在に伴い、英国での生活を開始しました。

解熱鎮痛・風邪などの常備薬を買いに行った話です。

 

英国ではちょっとやそっとの体調不良では、病院に行かないのが普通とのこと…

39度の熱があっても、インフルエンザでも、自宅療養・己の免疫力で治すらしいです。(;・∀・)

 

というのも、英国では病院の予約がなかなか取れないからです。

実際に、知り合いが風邪で病院の予約をしようとしたら、とれたのは3週間後。そのころにはもう治ってる…

 

そういった事情があるせいか、ドラッグストアに売られている解熱鎮痛剤のパラセタモール(アセトアミノフェン)、16錠入りで55p(約83円)というお求めやすい価格!

お菓子より安い。

以上のような事情があるため、常備薬を買いに行くことにしました。

 
ベンザブロックや早めのパブロンのような、総合感冒薬はきっと英国にもあるでしょ~
 

と調べてみると LEMSIPという名前のものが一般的なものらしいです。お湯に溶かして飲むタイプ。

さっそくドラッグストアに行ってみところ、お目当てのLEMSIPは売り切れていました… え~せっかく来たからなんか買って帰りたい…と隣を見るとLEMSIP MAXがあります。

 
普通のLEMSIPの実力を知らないのに、上位互換を買う…?
 

 

欧米のお薬は日本のものより、よく効きます

服用一回あたりの成分含有量が、日本のお薬より多いのか…比較的効果は強めです。

解熱鎮痛剤のパラセタモールを服用してみると、びっくりするくらい効きました!さっきまで頭が痛くて動けなかったのがウソみたいです。

 

 
名前通りに効果MAXで、副作用で具合悪くなったら心配だな…
 

 

と思いつつも購入

サイヤ人を知らないのに、超(スーパー)サイヤ人見せられたような。

ピッコロ編、サイヤ人編をすっ飛ばして、いきなりフリーザ編を見たような…このモヤモヤした感情(;’∀’)

 

家に帰ってからもモヤモヤしつつ、LEMSIP MAXを見つめていました…