【夫婦円満】夫婦けんかをしないために気を付けていること

2021-02-27暮らし

ゆーこです!

 

私たち夫婦はお付き合い時代から結婚して今に至るまで、実は夫婦ケンカをしたことがありません!(゚д゚)!

今回は、私たちが夫婦ケンカをしないために心がけていることを紹介します。

 

夫婦仲が悪くなる原因

夫婦の仲が悪くなる原因は多々あると思いますが、一番多いのは普段の生活における不満ではないでしょうか?

 

夫婦生活における不満

 

・家事を分担してくれない(片方ばかりが負担している)

・洗濯物のたたみ方が気に入らない

・部屋の細かい汚れに気付いてくれない(気にする度合が人によって違う)

 

 

ほんの些細なことまで挙げるとキリがないですねw

こうした些細な不満が重なってけんかになると思います(塵積って山となるですね)

 

①不満を無くすのではなくケンカになる前に対処する

いくら大好きなパートナーでも、結局は他人と言われるように、相手を完全に理解し合わせて不満が生じないようにすることは難しいです(-_-;)

 

ポイントは「不満が生じた時にケンカになる前に対処する」ことだと思います。

 

私たち夫婦の場合、結婚する前にレージ君がはっきり言ってくれました。

「俺は察することが下手だと思う。なので不満であったり、こうしてほしいということがあればどんどん遠慮なく言ってほしい!」

 

最初からこのように言ってくれたので、不満や要望があればはっきりと伝えるようにしています。

 

【我が家の例】

「最近私ばかりが家事負担していて不満です!今日は作り置きおかず作り・掃除機・洗濯をやったので、レージ君にはお風呂掃除とエアコンのフィルター掃除をお願いしたいです!そうしてもらうことで、私の不満が解消されると思う!」

 

②建設的に話し合う(無視はNG)

①にあるように、不満や要望があればはっきりと伝えることで、その問題の解決に向けて建設的に話し合うことができます!

 

よく怒ってしまうと「もういい!」と無視して話し合いができないタイプの人もいます(-_-;)

そうなると、怒りをぶつけ相手に不満を気付いてもらっただけで、なんの解決にもなっていません。

私はどうしたいのか、あなたに何をしてほしいのか、あなたはどう思うのか。

お互い歩み寄ることが大切です!

 

③いまさら解決しないことは話し合わない

過去の失敗、まちがいなどいまさら解決しないことをグチグチ言ったりしません

悩み・話し合うことで解決する、もしくは再発防止につながるならまだしも、今それをしたことで解決しないのであれば時間も無駄になるし、お互いストレスを感じます

 

さいごに

夫婦円満のために、私たち夫婦の間で決めているルールを紹介しました。

振り返ってみると、「建設的に話し合う」「無駄な議論をしない」なんて、普段仕事をする上での人間関係の構築で当たり前のようにやっていることですねw

どんな関係の構築においても、相手をリスペクトする気持ちを持って対応することが大切です。

 

夫婦で運営されているTwitterやブログで、よく夫婦生活のポイントを紹介されています。

私たちもまだまだなので、よく勉強させていただいています!

いろんな考えがあり、いろんな方が発信されていますので当ブログだけでなく他にも検索することをおすすめします♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!