21年9月度の収支

2021-10-08お金

 

月1の収支・運用状況報告記事を更新します。

妻が会社を休職し、英国駐在についてきてくれて早一ヶ月が経ちました。

つまり、共働きダブルインカムの収支報告月は今月まで!(妻の会社は副業OK。英国に来てからもなにかしら収入に繋げられないか…と模索してくれています)

 

妻が休職してまで英国駐在に一緒についてきてくれた理由については、以下記事をご覧ください。

夫の海外駐在に帯同する理由

 

今月から英国で夫婦2人暮らしがスタートし、ある程度毎月の支出がわかってきました。

月間の支出予算を策定し、今月から家計簿を細かくつけるようになりました。

家計簿公開している投資家界隈の中には、「細かく予算を決めていていたけど、上限額の設定にストレスを感じるようになり、予算額を調整or予算ルールを緩める」方もいます。

しかし、我々夫婦は逆で、今まで夫婦別財布。細かい予算を決めていませんでした。

 

収入源が私一人になる英国駐在を機に、月間の支出予算を決めてみました↓

【42万円】月間の支出予算1.0【@英国】

 

 

 

見直しが必要になったら予算は適宜修正していきたいと思います。

冬場の電気代が予想以上にかかったり、食費は予想よりもかからなかったなどが想定されます…。

なお、日本の消費税に相当する付加価値税(VAT)という税が英国にあります。

日本と異なる点は、対象によって税率が異なるということです。

 

贅沢品には20%の税率がかかりますが、食料品・医薬品などの日用必需品は無税です。

物価が高い、と言われる英国ですが、自炊費用に関しては日本と変わらないくらいかなと。

スーパーに売っている食料品の具体的な値段については、以下記事で紹介しています。

イギリスの食料品事情【駐在先でも食費節約できる?】

 

 

長々とお待たせしました、それでは21年9月度収支を報告します。

 

先月からの資産推移は以下の通り。

 

21年9月度における我々の収入(手取)は164.1万円、支出は43.0万円、収支はプラス121.1万円、貯蓄率は74%でした。

 

上記を受け、21年9月末の資産は2,758.0万円となりました
(除く、評価損益)。

 

一方、評価益が90.3万円出ており、評価益込み総資産は2,848.3万円でした。

 

 

 


支出のうち、英国での生活費は以下の通り。今月よりしっかり管理していこうと思います。予算の詳細記事はこちら

 

 

全体では予実比が78%と、大きな無駄遣いなく堅実に生活できました。

 

日用品の項目では常備薬・家財道具を揃えたため、予実比112%と予算オーバー。

 

妻が風邪薬を探して買ってきてくれました。英国にも、早めのパブロンのような総合感冒薬はあるようです。

薬を買う際、妻は腑に落ちないことがあったようで、家に帰ってからも腕を組んで風邪薬とにらめっこしていました…笑

詳細は以下記事にて↓

英国の解熱鎮痛剤・風邪薬を買いに行った話

 

一方で、コロナ禍で対面での飲み会等がなく交際費はまさかの0円…!

外食も少なく、予実比68%で終わりました…。

 

食費(自炊)は妻ゆーこさんが頑張ってくれたので、とっても美味しい&栄養満点の料理が予算の半額以下で楽しむことができました!感謝しかないですね…。

 

英国の家賃は相変わらず高いですね…。同僚は40万円弱の家に住んでいるらしいです…。

 

ポートフォリオは以下の通り。

21年8月末時点 21年9月末時点

評価益が50万ほど下落してました!

 

こんなに暴落したのは初めての経験です。コロナ禍からの回復でずっと右肩上がりだった相場が続いていたので、完全に投資を舐めていましたね…。

 

とはいえ、価格変動で一喜一憂するのは大変なので(精神的に…)、証券口座にログインするのは月に一回、この収支報告の記事を書く時だけと決めております。

 

海外在住のため新規買い付けができないので現金比率が高まっていますが、帰国までは「タネ銭を貯めるぞ」と割り切って精進していきます。

 

Contents

所感

妻が仕事を休職してロンドンにきてくれたので、ダブルインカムなのは今月まで!

来月からも予算以上に散在しないよう、丁寧にモニタリングしていきます。

 

支出面では先月の散財(支出60万円OVER!)を反省し、新たに予算を策定し支出をモニタリングしました。結果、今月の支出は43万円、貯蓄率は74%と改善しました!

 

やはり目標(予算)は重要ですね。予算がないと節約すべき金額が分からないので、「今週は1日1食で耐えるぞ…!」といきなり全力疾走してしまうことになりかねないです。

 

とはいえ、支出を気にするあまりケチケチしすぎて心が貧しくなるのは避けたいです。英国では英国でしかできない経験があると思うので、そういう分野には惜しみなくお金を使っていきたいと思います!(毎月言っている気がします…笑)

 

今月の報告は以上です。次は10月収支報告で!

 

【貯金におすすめのアプリのご紹介】

出典:アップルストアより

リンクはこちら↓

finbee(フィンビー)

 

【過去の収支報告記事】

21年6月度の収支

 

21年7月度の収支

 

21年8月度の収支