【スコットランド旅行記】エディンバラ観光~その②~

2022-05-27旅行

スコットランドのエディンバラへ、3泊4日で旅行に行ってきました。

観光の見どころと共に、ウイスキー、おすすめの食べ物やお土産、予算などを、写真と共に紹介します。

今回記事その②では、ホリールード宮殿、エディンバラ博物館、ビアバー、海鮮料理レストラン、ホテルについて紹介します。  

 

 

前回の記事はこちら↓↓

世界遺産となっているエディンバラ城や市街地を紹介しています。

【スコットランド旅行記】エディンバラ観光~その①~

 

YouTube動画でも紹介しています↓

 

 

ホリールード宮殿(Palace of Holyroodhouse)

 

 

スコットランド国王夫妻の住居として使われてきたホリールード宮殿(Palace of Holyrood)

元々は、1128年に、スコットランド王デイヴィッド1世によって建てられた寺院です。現在は、エリザベス女王の夏の避暑地として使用されています。

イギリスがEUの議長国だった際には、この宮殿で欧州議会が開催されたこともあったそうです。   中に入るチケット料金は、大人17.5ポンド、子供10ポンドでした。

 

宮殿の近くにあるこちらのビクトリア朝様式の建物は「クイーンズ・ギャラリー(The Queen’s Gallery)」。

王室の美術コレクションを展示している別館です。 当初は、ホリールード自由教会として建てられ、クイーンズ・ギャラリーになる前は物置として使われていたそうです。  

 

 

 

 

 

 

エディンバラ博物館

 

世界遺産であるエディンバラ旧市街の、ロイヤル・マイル沿いにある「エディンバラ博物館Museum of Edinburgh)」

入場料は無料です。  

 

エディンバラ博物館の建物ハントリー・ハウスは、16世紀に建てられた歴史的な建物。

中は広く、部屋数も多いので、迷路のような館内です。 エディンバラ博物館のあるこの建物は、海外ドラマ「アウトランダー シーズン3」のロケ地にもなったそうです。    

 

 

スコットランドの歴史を学ぶことができる博物館です。

スコットランド版忠犬ハチ公である「スカイ・テリア、グレイフライアーズ・ボビー(Greyfriars Bobby)」の首輪と鉢、新市街の設計者である”James Craig”の設計図、第一次世界大戦の司令官であったヘーグ伯爵の膨大なコレクションなどが展示されています。    

 

エディンバラ博物館については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓↓

【スコットランド観光】エディンバラ博物館(Museum of Edinburgh)