「美味しんぼ」に登場するお店に行ってきた

グルメ

妻ゆーこです!

漫画「美味しんぼ」ご存知でしょうか?

山岡士郎と栗田ゆう子を主人公とし、様々な人々が抱える悩みを、食を通じて解決していく愉快痛快料理漫画。

美味しそうな料理の描写や、食材や食文化の知識も勉強できて大好きな漫画です!

 

漫画の中には実際にあるお店も登場します。

今回は、漫画「美味しんぼ」で紹介されているお店(京都編)を紹介してきたいと思います。

美味しんぼオタクとして、実際に行ってきました

 

瓢亭 本店

京都府の南禅寺草川町にある瓢亭(ひょうてい)本店

創業450年ミシュラン3つ星獲得の正統派割烹料理店です(;’∀’)

三つ星の評価の定義は「そのために旅行する価値のある卓越した料理」とされています。

 

食べログの評価は4.15

15代にわたり脈々と受け継がれてきた、素材本来の味を活かした料理とおもてなし

 

そんな名店でいただく趣のある朝がゆ

漫画「美味しんぼ」にて、山岡さんが『究極の朝粥』として紹介した朝がゆです!

 

ミシュラン三つ星の京都の超有名店です…朝ごはんといえどお一人4,500円くらいします…(*_*;

当時社会人1年目の私にとって決して安くない金額、それでも美味しんぼオタクとして一度味わってみたい…

 

まずは梅昆布茶

名物の瓢亭玉子

半熟卵で黄身はとろりとやわらかいです。

瓢箪型の三ツ重ね鉢

白身魚の蒸しもの、もずく、大根おろし

精進料理の炊き合わせ

こちらが究極の朝粥

そのまま食べると、ものすごいお米味!←

びっくりするくらい米の味がしっかりしています。

お粥を究極にしているメインは、お粥にかける餡です!

「上等のカツオブシを削って、ウソォ!ヤメテェ!と叫ぶほどの量でダシを取り、それを醤油で味を整え、吉野の本葛でトロみをつける。」

と山岡さんが説明しています。

濃厚なカツオの風味が鼻を抜けていきます。

カツオブシの旨味の究極。なんとも贅沢なお粥でした…!

人生で一回はこれを食べられてよかったな、とお粥で感動するとは思っていませんでした。

ミシュラン三つ星の料亭のお粥ってすごい…

 

 

紅葉の季節だったので、お店へ向かう道中も楽しめました。

 

 

嘯月

京都の老舗の和菓子屋さん「嘯月」さん

食べログ4.03の和菓子屋さんで、和菓子の部門で食べログ全国1位

 

美味しんぼ56巻に登場し、山岡さんに「日本最高峰」と紹介されています!

 

大正5年の創業以来、店舗に商品の作り置きはしない完全予約制です。

お店に入っても店頭に商品は並んでいません。

 

前もって予約してもらい、客が買いに来る時間に合わせてお菓子を作るスタイル。

一番美味しく食べられるタイミングを計算されています!

美しい見た目のねりきり(^^♪

見た目だけではなくお味も食べてびっくり!

その上品な餡は、素人でも違いがわかるほどのお味…!くちどけがサラッとしています。

 

京都に行く際は、ぜひ食べてみてください!

 

行ってよかったお店、人におすすめしたいお店などグルメ系記事はInstagramにも記載しています↓

https://www.instagram.com/pawatama0/